某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

年末商戦あれこれ | main | 生存報告
【NDS】『采配のゆくえ』
采配のゆくえ采配のゆくえ
(2008/10/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る

『~無双』シリーズでおなじみのコーエー(現:コーエーテクモゲームズ)ωフォースが2008年にNDSで発売したAVG。
戦国時代、と言うより「関ヶ原」の戦いのみに焦点を当てた一風変わった作品です。


何の予備知識もなくゲームをスタートするとあることに気付きます。
既視感、というか何と言うかGBAとNDSで人気の某シリーズにデザインもプレイ感もソックリなんですな、これが。

尤もそのあたりは本作発売時にも結構話題になっていて以前コーエーがカプコンにやられた『戦国BASARA』の意趣返しみたいな話が実しやかに語られていたりしましたけど真偽のほどは定かではありません。
で、実際プレーしてみて改めて思ったのは、

「まぁそう思われても仕方ないよね」

というぐらい本作と某シリーズは似ています。
歴史を題材にしているあたりにコーエーの意地は窺えますが似ているモンは似ているとしか言いようがありません。。
オリジナリティという点には問題があるとしてもアレンジのひとつと考えれば十分アリなんではないかと思います。

史実自体が一日であっさり決着がついてしまったっていうこともあるのですけどボリューム不足の観は否めませんね。
尤も最近ではまとまった時間も中々取れませんから、私的には決定的に飽きてくる前に終わった本作ぐらいが丁度よかったのですがw


本作の目的はプレイヤーは西軍の大将である石田三成となって天下分け目の関ヶ原の戦いを制することであります。
勿論史実の結果は違っていますから、どう”逆転”していくのか?歴史のIFをどう描くのか?というあたりが本作のキモとなってくるワケですが、意外に意外。この手の作品にありがちなトンデモ設定は実はほとんどなくて、史実にある諸説に割りと忠実なシナリオなんですよね。

関ヶ原の戦いに至る背景や登場人物については大幅に端折っているものの、石田三成にまつわる前日譚(細川ガラシヤの死、三成暗殺未遂事件)はしっかりフォローしてありますし、細川ガラシヤの件はちょっとしたミステリー仕立ての独自解釈が後のエンディングの伏線になっていたりと中々凝った仕掛け。
歴史ファン的にはイロイロ不満もあろうかと思うのですけど、少なくともシナリオ全体は良くまとまっていると言えます。


ゲームは全5話でADVパートと合戦パートで構成されています。
ADVパートで情報収集を行い、その情報の断片を使用して目的の人物を説得して動かすという流れです。
分かりにくければ後者を裁判シーンに置き換えればいいかと思いますw

兵力は互角で最初の布陣では有利と言われた西軍ですが、一枚岩でない西軍の諸侯はとにかく大将の言うことを聞きません。
彼らは彼らなりの”戦う理由”があり、そこを見極めて”説得”をしないと動いてくれないんですよね…あぁめんどくせぇw

関ヶ原の史実については諸説ありますけど石田三成に人望がなかったのは概ね事実らしく、例えば小早川秀秋のようにスジを曲げてでも西軍を裏切った要因が三成に対する感情的な問題であったりと、いくら正論であっても三成その人が話したらどうしようもないんじゃないかというような気がしないでもないです。

ま、そこを否定してしまってはゲームにならないのでいいとして、もうひとつの合戦パートについて。
一見SLG風のレイアウトですが、実際はパズルゲームに近い感じです。三成には”天眼”という特殊な能力があって人の心の中が読めちゃったり、戦場で自軍に最も有利な陣形にもっていったりすることができます。
バビル2世も真っ青な超能力ですが、実は相対する徳川家康も同じ能力を持っているということで終盤はさながら合戦というよりヨミとの超能力バトルの様相を呈しているのはご愛嬌。
異能バトルを制した三成を待ち受ける意外な結末とは…。


上記でも書いた通りシナリオについては史実を上手くアレンジしていて完成度は非常に高いです。
キャラクターはゲーム的なデフォルメを施されていますが個人的には許容範囲。三成を助けるオリジナルキャラクターである「たま」と「はつ」の存在が彩りを添えています。

エンディングは2種類あって一番最後の選択肢で変化しますけど以外のシナリオに分岐はありません。
トータル的に難易度も高くなく、ちょっと集中してプレイすれば数日でクリアできますのでストレスが溜まることはないと思います。

定価に近い金額だとちょっとアレですが、今なら中古か新品でも¥1000台で購入できると思いますのでその値段分なら十分楽しめること請け合います。


あと余談なんですけど関ヶ原の戦いについてこちらのサイトが分かりやすく書かれていますのでご紹介させていただきます。↓↓↓



http://kamurai.itspy.com/nobunaga/sekigahara.htm
スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| NDS | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/495-32b91617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード