某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

2012年の買い初め | main | 謹賀新年
【BD】『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 コレクターズパック【blu-ray】ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦 コレクターズパック【blu-ray】
(2011/11/21)
小澤亮太、山田裕貴 他

商品詳細を見る


不惑の特オタを自認している私ですが、実は戦隊モノに関しては仮面ライダーや宇宙刑事シリーズに比べると1段トーンが下がるというか、平成に入ってからはほとんどリアルタイムで観ていないんですよね。
だから今季戦隊モノでディケイド式に過去作品を総括するって聞いてもあまりピンとこなかったのが正直なところです。

その印象が180度逆転したのは「海賊戦隊ゴーカイジャー」の第1話を観終わった直後。OPのCGでない全員集合のシーンは圧巻の一言で、この映像にハンパない金がかかっているのはシロウト目にも明らかですがこの作品の魅力はそれだけじゃない。
個性的でしっかりと立ったキャラ設定、斬新な殺陣、完成度の高いシナリオ。どれをとっても面白くない理由が見当たらない本作にハマったのは必然ですね。

レンジャーキーというガジェットに”大いなる力”を受け継ぐという基本構成が秀逸なのは言うまでもありませんが、各キャラクターのバックボーンとそれにまつわるドラマ部分がしっかりしているからワンパターンに陥らないメリハリのついた展開に成功しています。今のところハズレらしいエピソードがほとんどないと言うのはある意味驚異です。

過去作品に出演していた本物の役者さんがゲスト出演する回は直接その作品を知らなくてもテンションが上りますね。
バイプレイヤーとしてすっかりメジャーな役者になった西村和彦(ライブマン)や(さとう)珠緒(オーレンジャー)が出演した回なんかは子供そっちのけで一人で盛り上がっておりましたw


そんな感じで目下ハマっている「海賊戦隊ゴーカイジャー」の初映画作品「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」のご紹介です。

実は6月に本作が公開された時に一人で観に行きかけていたんですよねw
たまたま予定していた日に急な仕事が入って流れちゃったんで、ソフト化されたら絶対に買うと決めていました。

で、観終わった感想なんですけど、最初に結論。TVシリーズ本編の空白部分を補完する意味においてファンなら絶対観るべき。ファンじゃなくとも単純にエンタテインメントの佳作ですので観てソンをすることはない。
…というところでしょうか。もちろん私の主観ですので”そもそも戦隊モノなんて興味がない”というスタンスの方が観られて楽しめるかどうかは保証しかねますが(汗)

冒頭のレジェンド大戦のシーンは大迫力で映画のツカミとしては満点のデキ。
歴代戦隊の顔見せ出演が若干中途半端で物足りないですがそれは贅沢な不満ですね。
レジェンド大戦での絡みがないのが残念なんですが、ジジィ世代にはデンジブルーこと大葉健二氏の登場は前半で一番盛り上がる部分と言っても過言ではないでしょう。
デンジロボ、バリブルーンの玩具がクライマックスの伏線になっていますので見逃せないシーンです。

メインのシナリオはゴレンジャーに倒され、スーパー戦隊に深い恨みを抱いて復活した黒十字総統が宇宙帝国ザンギャックと手を結んだところから始まります。
”スーパー戦隊”の戦士として地球を守るという使命に燃えるゴセイジャーと、”宇宙最大のお宝”を追い求めて成り行きでザンギャックと戦っているゴーカイジャー。
ゴセイジャーは先のレジェンド大戦でその力を失っており、その失った力をゴーカイジャーが持っているとくれば確執が生じるのは必然。
ザンギャックと戦闘中のゴーカイジャーが自分たちのレンジャーキーを使おうとした瞬間を狙い、まんまと取り返したまでは良かったが事情を説明してもすんなり引き渡すような連中じゃない。
息詰まるスーパー戦隊同士の戦いは決着がつかず、ゴセイジャーのレンジャーキーは取り戻したものの、ゴセイナイトのレンジャーキーはゴーカイジャーが持ったまま一旦引き分けます。

レンジャーキーを巡るゴセイジャーとゴーカイジャーの戦い第2戦は巨大メカを駆っての戦い。
海賊に不意打ちを食らわせ、首尾よくゴセイナイトのレンジャーキーを奪取したのだが、ゴセイジャーとゴーカイジャーの前に現れた黒十字総統がすべてのレンジャーキーを奪ってしまう…。


この後はお約束の展開。黒十字総統が放った刺客との戦いを通じて分かり合うことができたゴセイジャーとゴーカイジャーは、やがて協力して黒十字総統との決戦に挑む…という感じです。


クライマックスは全戦隊VSゴセイジャー&ゴーカイジャーの大決戦。黒十字総統により奪われたレンジャーキーから実体化した歴代スーパー戦隊との戦いは圧巻ですね。

「ゴーカイジャー」としても面白いけど、一本の映画としてもよくまとまっていて見どころも多い本作はまさにエンタテインメント。正直ここまで楽しめるとは思っていませんでした(汗)
今年の初めにはまたもやジジイ世代感涙の「宇宙刑事ギャバン」がゴーカイジャーと共演するということで、期待は嫌が上にも高まります。

本作でも出演された大葉健二が当時のままのスタイルでギャバンを演じるとくればこれはもう観るしかありませんなw


この盛り上がりのままスーパー戦隊シリーズに幕を引いちゃってもいいような気がw
いや実際ここまで面白くて次の作品はどうするつもりなんでしょうね?

まさかの宇宙刑事復活…はあるのか?


スポンサーサイト

テーマ:特撮・戦隊・ヒーロー - ジャンル:映画

| DVDレビュゥ | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/499-5dce0af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード