某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

久々に相撲のこと | main | ゲームをクリアできない病
「スイートプリキュア♪」最終回
「スイートプリキュア♪」最終回を鑑賞しました。

プリキュアシリーズも6作目(ふたりは~、5の2期目を除く)を数え、シリーズ作品として円熟味を帯びてきたというか、劇中でのサプライズ(キャラ追加、敵キャラの寝返り等)も一回りした感じで、何となくシリーズの終焉を予感させていたように思っていたのですが、来週から無事(?)新作「スマイルプリキュア」に引き継がれることになりました。

私的には最初から最後まで通しでリアルタイム鑑賞した初めてのシリーズ作品ということで思い入れは…正直あんまりないというか(汗)

前作である「ハートキャッチ~」がはまり過ぎたってのもあるのですけど、結局何となくしっくりこないまま最終回を迎えた感じです。

本作の対象年齢って大体年少から小学校低学年だと思うのですけど、全体シナリオが暗いというか少なくとも幼稚園ぐらいの子供が楽しめる内容とは違うかな、と。

響と奏、ハミィとセイレーン。この2組の感情描写が徹底的に掘り下げられている反面、以外のキャラクターが設定含めてあまりにもスカスカで、青と黄色のフェイクキャラも影が薄すぎてキュアビート追加前の絡みがすんごく不自然に見えたりとか、奏が王子に恋愛感情を抱いている描写も個人的には疑問。まぁそれを軸にしたエピソードも少なかったので別にいいんですけどね。

あと変身後のコスチュームデザインも私的にはイマイチ。前作がシンプルだったってのもあるけど、今作のはゴチャゴチャし過ぎでしょ。変身後のシルエットはカットによってすごくバランスが悪く見えたりしたのは多分デザインに因るところが大きいと思います。

作画のレベルはまぁまぁ。特に4人揃った時の変身シーンはシリーズ屈指の完成度だと思いますけど結局はソレだけ。玩具的なギミックも中々面白いアイデアがあったにもかかわらず劇中では十分に活かしきれているとはいえませんでした。

最終的なオチがあれだから仕方がない部分はあるにせよ、敵との掛け合いが緊張感なさ過ぎなのも私的にはマイナス要素です。


イロイロ文句を言いましたけどこういうシリーズものは続けることにこそ意味があるともいえるので、次回作に期待したいところです。…でも微妙に小さいおともだちより大きいお友達寄りな雰囲気が(汗)


スイートプリキュア♪ 【Blu-ray】 Vol.1スイートプリキュア♪ 【Blu-ray】 Vol.1
(2011/10/28)
小清水亜美、折笠富美子 他

商品詳細を見る

スイートプリキュア♪ 【Blu-ray】 Vol.2スイートプリキュア♪ 【Blu-ray】 Vol.2
(2012/02/24)
小清水亜美、折笠富美子 他

商品詳細を見る

何話収録か分かんないけど高すぎじゃね?


スポンサーサイト

テーマ:スイートプリキュア♪ - ジャンル:アニメ・コミック

| モロモロ雑記 | 16:05 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/509-cc616d1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード