某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PSP】『僕は友達が少ない ぽーたぶる』 | main | 今週のお買いもの
VC終了の予兆
WiiのVCがここのところ慌しい動きを見せています。
…と言ってもポジティブな話題ではないんですけどね。3月に入ってからアイレム、ハドソンを中心としたVCタイトルが相次いで配信停止になっているという話。

先日アーケード版『熱血硬派くにお君』をDLしようと久々にショッピングチャンネルを起動したところ、既にいくつか配信停止になっているタイトルもありました(汗)

いやね、ここのところのVC全体の停滞ぶりは拙ブログでも何度か話題にしたことがあったようにある程度は既定路線として受け入れていたものでしたが、まさか新規タイトルの数を配信停止タイトルの方が上回るとは完全に想定外でした。

多分権利関係に因るもので他の理由はない…と思いたいんですけど実際はどうなんでしょ?
同じく来月には「Wiiの間」サービスの停止が発表されるなど、Wiiという沈没寸前の船から逃げ出すネズミのような印象は否めませんね。


過去の名作を安価でDL販売するというコンセプトは、実機が時間の経過と共に物理的に劣化するという避けようのない事態に対する救済策、あるいは時代を超えて過去の名作を気軽にプレイできるというゲームの歴史の裾野を拡大するという意味において個人的には高く評価していただけに非常に残念ではあります。

まぁ供給サイドにしてみれば10年も20年も前の商品を後生大事に遊び続けられても困るっつーか、ぶっちゃけ適切に消費のサイクルにのっけて新しい商品をドンドコ買ってもらいたいってのが本音なんでしょうが、全部とは言いませんけど何十年経っても同じタイトルの続編が出てるとか業界自体がものすごい閉塞感に陥っているように思うのですがどうでしょうか。

過去に作品を発売した会社も目まぐるしく統廃合で情勢が変わる昨今、旧作のDL販売というのもアフターサービスやサポートというより権利の移動といった意味合いが強いことを思えば配信停止するのもメーカー側の都合として割り切るべきなんでしょうけどね…。

たかが30年、されど30年の歴史を持つゲームというエンタテインメントはその時々の原体験や文化をも共有できるかけがえのないもの、とまで言ったら大げさでしょうか。

いずれにしても今から実機を揃えてプレイするには些かハードルが高いことは間違いなく、そういう意味で今回の配信停止によっていくつかの作品がプレイできる機会が失われてしまうのは寂しい話です。




スポンサーサイト

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

| ゲーム徒然 | 15:12 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/520-3111a229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード