某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX360】『シュタインズ・ゲート 比翼連理のだーりん』 | main | 【XBOX360】『【eM】~エンチャント・アーム~』
【NDS】『ニンジャガイデン ドラゴンソード』
NINJA GAIDEN:Dragon Sword(ニンジャガイデン ドラゴンソード)NINJA GAIDEN:Dragon Sword(ニンジャガイデン ドラゴンソード)
(2008/03/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る


2008年にNDSで発売された『ニンジャガイデン ドラゴンソード』難易度「忍への道」(多分イージー)でクリアしました。

旧箱やPS3で発売された『NINJA GAIDEN』の正統な続編…というよりは外伝的な位置づけであり、元のタイトルから鑑みると、外伝の外伝という些かややこしい作品であります。


NDSのタッチペン操作のみのアクションゲームって私はあまりプレイした経験がないので他の作品と比較できないんですけど実際種類もそんなにないよね?
一応テクモ(当時)を代表する看板アクションゲームのタイトルを冠しているだけに、NDS初期の作品にありがちな「それをタッチペン操作にする意味あんの?」的なインターフェイスありきで肝心の中身が伴っていない作品とは一線を画す内容になっていると思いますね。


とはいえ、実のところ『NINJA GAIDEN』というタイトルについては少なからず思うところがありまして、まぁ本作とは違う作品のことなんで詳しくは語りませんけど、正直苦手意識があったんですよね。

で当時、その辺の状況も踏まえた上で(多分安かったから)本作を購入したんですけど、つい最近まで例によって長らく積んでいたんですね。プレイするきっかけとなったのは先日(といっても2カ月以上前ですが)の地震で積みゲーの山の麓からひょっこり出てきたからでありまして、丁度携帯機でプレイしている作品もなかったし何となく始めてみたら存外これが面白くて一気にクリアしてしまいました。


本体縦持ちの左右画面構成って脳トレぐらいしか記憶にないんだけどアクションで他にあるのかな?
オプションで設定変更ができたかどうかわからないけど左利きの人だと相当やりにくそうな気もw

一枚画(スクロールあり)の背景CGの中をリュウ・ハヤブサが駆け回る。
タッチペンによる”敵を斬りつける”アクションは小気味よくて爽快なんですがそれも序盤の話。
難易度イージーでも中盤から終盤にかけては雑魚戦といえど気を抜いているとあっと言う間にジリ貧になってしまいます。

ステージは全部で13章。1ステージは短く、ステージ中にセーブポイント(回復機能付き・使用無制限)も複数あるので時間のない社会人にも優しい仕様となってます。基本タッチペンなのでシビアな操作テクニックは必要ありませんが、先に進む為にはNDSのインターフェイスを使用したちょっとした謎解きの要素もあります。

ステージの最奥には必ずボスが居ます。このボス戦が非常にアツい!

ボス戦がこのゲームそのもの…と言っていいぐらいクオリティは高く、画面狭しと動き回る巨大ボスはいずれも迫力満天です。ボス戦だけプレイできるモードがあってもよかったですね。


さてさて、本作のいい点は大体以上。ここから以下は難点をいくつか。


まず基本操作性はあんまり良くないです。すべての操作をタッチペンで行うということは当然移動も含まれるワケですが、大雑把なタッチペン操作ではプレイヤーの意思をすべて正確に反映することは実際困難でありまして、移動するつもりが攻撃していたりとかその逆とか。ボス戦で相手の動きを見切っているのに自分の意思に反する動きをされるとストレスが溜まります。
加えて、視点を引いた状態ならさほどでもないのですが、キャラクターを動かそうとしてタッチペンを当てると非常に見づらい場面がチラホラと。3DSなら移動はアナログキー、攻撃をタッチペンで割り振ればこの問題は解決するかも知れません。但し相当手が疲れそうですがw

手が疲れると言えば中盤から終盤にかけて、ステージルートにおける雑魚戦はいわば忍耐勝負。次から次へと現れる雑魚を斬って斬って斬りまくる…のは結構しんどいですw 特に終盤の雑魚はこちらの攻撃を巧みに防いだりしますので、闇雲に攻撃して全くダメージを与えられていない時は凹みますね。
幸い、一度に出てくる数には制限があるので雑魚敵が画面を埋め尽くす…何ていう無双状態にはならないのが救いかな。


とはいえ『NINJA GAIDEN』としては難易度も低い方だと思いますし、CGも旧のNDSとしては間違いなくハイレベル。
携帯機で続編が出ていないということはセールス的には厳しいものであったのか、中古市場も割りと潤沢で安価で手に入れることが可能です。オリジナルの『NINJA GAIDEN』にこだわる向きにはおススメできませんが、ちょっと毛色の変わったアクションゲームとしてプレイするには何の問題もありません。

個人的には(イージーとはいえ)最後まで短時間でクリアできたので満足できる内容でありました。


スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| NDS | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/569-8f36c03c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード