某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PS】『科学忍者隊ガッチャマン THE シューティング』 | main | 【PS2】『ドラッグ オン ドラグーン』
【特撮】「レッドマン」
imga088837dzik7zj.jpg

現在CSのチャンネルNECOにて絶賛放送中の「レッドマン」にハマってます。

チャンネルNECOは「円谷特撮アワー」枠でこれまで『恐竜戦隊コセイドン』や『トリプルファイター』等、ウルトラ系以外のマイナー作品を継続して放送してきました。

もうこのラインナップだけでも不惑の特オタにはたまらないワケですが、その極めつけともいえるのが本作「レッドマン」であります。

本作は日本テレビ系で1965年~1980年まで放映された「おはよう!こどもショー」という番組の中の1コーナーで、1972年4~10月まで日曜日を除く毎日5分放送されていました。


リアルタイムではまだ物心もついていない時期であり、当然記憶にもないんですけど存在と主題歌ははっきりと覚えているんですよね。と言うのも、多分幼稚園の時に叔母が買ってくれたレコード(子供向け番組の主題歌を収録したオムニバス的なもの。音源はオリジナル)に写真と併せて収録されていたんですね。私の母親曰く、文字通りそのレコードを針が擦り切れるぐらい毎日何回も聴いていたらしく、全曲完璧に歌えたそうですw

…という経緯で観たことはないけど存在は知っていた本作が、まさか40年以上経った現在、観られることになろうとはw あまつさえそのあまりに異様な雰囲気にすっかり魅了されてしまうとは夢にも思いませんでしたw


『ウルトラファイト』に代表される帯の特撮番組って実は当時結構あったんですけど、ほとんど観ていた記憶がないんですよね。大体「おはよう!こどもショー」なんて結構な長寿番組であったにも関わらずまったく観た記憶がないのは多分私がポンキッキ派だったからというオチなのですが、早朝以外の時間帯に放映されていた作品も軒並み記憶にないということはやっぱり観ていなかったということなんでしょう。


「ウルトラ」シリーズが社会現象となるほどヒットした理由のひとつとして、大人の鑑賞にも堪えうるメッセージ性の強いシナリオであるということに異論はないと思いますけど、それは結局自分自身もイイ歳の大人になってから、いわば副次的な情報を得たことによる評価であって、小学校にも上がっていない時期にそんな観方をしていたとは到底思えない。人間の本能に即したバトルシーンにこそ鑑賞のモチベーションがあったというのが実際のところだと思います。

であればそういうグダグダした人間同士のやり取りを廃してバトルシーンのみ抽出した本作は、本来の対象であるクソガキ共にとっては夢のようなコンテンツ…であったハズなんですけど、なぁんか妙なことになってしまってるんですよねw


どこかの田舎の山の中。目的もなく徘徊する怪獣。その様子を少し離れたところから見ているレッドマン。
おもむろに両腕を上に伸ばす変なポーズの後、

「レッドファイッ!」

という掛け声と共にいきなり怪獣に襲い掛かるレッドマン。怪獣に戦意があろうがなかろうがお構いなし。ボコボコにド突き回し、トドメに「レッドナイフ」で首を斬る or 「レッドアロー」で串刺しにする or 「レッドフォール」で投げ飛ばした後、怪獣が絶命したのを確認して徒歩で去る…。

細かい違いはありますけど全編大体こんな感じです。

あと劇中はナレーションがなく、オドロオドロしいBGMに怪獣の咆哮(断末魔の悲鳴)、攻撃の効果音とレッドマンの掛け声のみ。もうシュールを通り越して不気味ですらあります。

着ぐるみはアトラク用の使い古しでボロボロ。でも同じ怪獣が何度も何度も登場するw

一応巨大ヒーローという設定なんですが、ミニチュアもなく巨大感を表す演出は皆無。…というかロケ地もほとんど変わり映えのしない造成地か山の中で、稲刈り後の田圃の畦道なんかもw

戦闘も肉弾戦が中心で光線どころか火薬すら滅多に使わない。根本的なことを言えば特撮ですらない作品なんですよねw


実は本作、放映当時から90年代後半までの20数年間、長らくネガフィルムが見つからない”幻の作品”だったんですね。

何か別の作品が目的で探索していたところ、たまたま発見されてせっかくだからとLD-BOXで発売されたものの、現在まで再発売されておらず、視聴できる手段が限られていたところに今回の放送ですよ。

まぁ正直放送が始まるまでは存在すら忘れていたんですけどねw


番組では当時のゆかりの人物へのインタビューとか、マニアックな解説とか色々盛りだくさんで、Wikiにも載ってないようなネタがあったりと充実しています。

その中のひとつ。

「レッドマン」という名称が「ウルトラマン」の企画段階の名前であったことは知っていたんですけど、その理由というのが「ウルトラマン」を商標登録するまでのフェイクであった、と。後の「ウルトラセブン」の企画でも使われていたということはそれ専用の名前だったのかも知れませんね。

「おはよう!こどもショー」では「レッドマン」以後も「行け!ゴッドマン」「グリーンマン」という同コンセプトの作品があってそれはそれでマニアックなんですけど円谷プロ制作は本作だけ。しかも撮影を担当されたカメラマンは現在の円谷プロの社長だったりするから面白いですよねw


「レッドファイッ!」は私刑宣告!レッドマンの残虐無道ぶりは以下の動画でご確認下さいw↓



スポンサーサイト

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

| モロモロ雑記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/574-74d69dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード