某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【NDS】『どきどき魔女神判!』 | main | 【特撮】「レッドマン」
【PS】『科学忍者隊ガッチャマン THE シューティング』
SIMPLEキャラクター2000シリーズ Vol.08 ガッチャマン THEシューティングSIMPLEキャラクター2000シリーズ Vol.08 ガッチャマン THEシューティング
(2002/06/27)
PlayStation

商品詳細を見る


自分の目で観ていない作品についてとやかく言うのは流儀に反するんですけど、現在公開中の映画「ガッチャマン」が何か物凄いことになってるみたいですね。巷ではあの「デビルマン」を超えた!って話もあるらしいんですけど実際はどうなんでしょうね?

大昔のコンテンツを現代風にリメイクする風潮って、リアルタイムで経験してきた我々世代の人間が現場で実権を握るようになった頃から顕著なんですが、制作者側の思い入れが消費者の共感を得られたケースって非常に稀で、大抵は空回りしているか誰に向けて作っているのか分からなくなっているモノが多くを占めるような気がします。


「ガッチャマン」繋がりで今回ご紹介する作品はキャラゲーの雄、バンダイ(当時)とシンプルシリーズでおなじみのD3パブリッシャーがタッグを組んだ「SIMPLEキャラクター2000シリーズ」の第8弾『科学忍者隊ガッチャマン THE シューティング』であります。

本家シンプルシリーズより¥500高い本シリーズは単純に版権使用料を上乗せした価格設定ということで、本来末端のユーザーには見えにくいコスト配分まで教えてくれているという実に通好みなタイトルになっています。

ガワが変わっても中身は”安かろう悪かろう”で安定のシンプルシリーズのソレそのもの。30分で全クリできるので時間のない社会人が取りあえずの達成感を得るにはおススメ…できるかボケ!!


ゲームは全5ステージの構成。ステージ毎に大鷲のケン、コンドルのジョー、白鳥のジュン、燕の甚平がフィーチャーされていて最終面以外はどこから始めても可能。また、最終面以外はABの二部構成になっており後半のボスを倒せばステージクリアとなります。…と、概容を文章にしてみても格別おかしなところはないように思えるがさにあらず。ダメなキャラゲーにありがちなフラグを尽く立てているのが分かりやすいといえばいえるでしょうか。


・地を這うガッチャマン!

1~4ステージの前半はガッチャマンが自機となるのですが、何故か地上を徒歩でズンズン進む!…鳥なのに(汗)しかもこの前半ステージ、幕間の南部博士とのやり取りからステージ道中もほぼ同じという手抜きっぷり。
いかに短いとはいえ、実質4回同じようなステージをプレイしなければならないのはちょっと…。

あとキャラによって攻撃方法が違いすぎ。ケンとジョーは普通のSTGっぽいですが、ジュンと甚平は変に原作準拠でおかしなことに。特に射程距離が短いので畢竟弾幕に突っ込む形となりダメージは必至です。

まぁ自機はライフ制でかなりヌルいので、何も考えない特攻プレイでも何とかなってしまいます。事実、私レベルのSTGスキルでも一回もゲームオーバーになりませんでしたからw


・デブ(みみずくの竜)ハブられる!

原作をご存知の方はすぐに気付かれたと思いますけど、ガッチャマンは全部で5人。前半ステージは4つ…というところで大体察しはつきますが、ビジュアル的に一番アレなみみずくの竜がハブられるという結果に。
っていうか別にこんな手抜きのステージならあとひとつ足したところで大した違いはないんじゃね?

…と書いたところでWikiを見てみたら原作でも留守番役が多かったとかw 変に細かい部分で原作をフィーチャーしてるのねw

最終面、「やっと俺の出番か!」と息巻いたデブですが、最終面の自機はゴッドフェニックスなのでゲーム的にはデブの奮闘は見えず…。


単調な1~4ステージをクリアして、異次元に逃亡するベルク・カッツェを追うゴッドフェニックス!…と盛り上がるハズの最終面。背景はサイケデリックな異次元空間に時折総統Xの顔が浮かぶシュール(手抜き)なデザイン。しかも最終ボスは何だかよく分からないUFO的なもので、1~4ステージのボスはおろか前半部分の中ボスにも劣る貧弱さ。でもトドメはド派手な科学忍法火の鳥!…はぁ(ため息)



「ガッチャマン」を題材にしたゲームってパチ系を除けば一応本作だけなんですよね。Wiiで発売された『タツノコVSカプコン』や初代PSの『タツノコファイト』等の格ゲーでキャラが出場ってのは存在するのですが。

これだけの知名度のコンテンツにしては少し意外な気がします。ゲームとの親和性は高いと思うんですけどね。

ちなみに本作を制作したのは童(わらし)というメーカー。
STGでは『紫炎龍』『トリガーハート・エグゼリカ』の制作元で、それなりの佳作なんですけど本作の制作ラインとは別なんでしょう。って言うかそう思いたいw

結論としてはダメなキャラゲーのテンプレートみたいな作品、ということで原作のファンは勿論それ以外の方にも決して薦めることができない駄作ということで。


スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PS | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/575-2c9cb652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード