某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PSP】『ミマナ イアルクロニクル』をプレイしています(その5) | main | 【PSP】『ミマナ イアルクロニクル』をプレイしています(その3)
【PSP】『ミマナ イアルクロニクル』をプレイしています(その4)
ミマナ イアルクロニクルミマナ イアルクロニクル
(2009/02/26)
Sony PSP

商品詳細を見る

PSP『ミマナ イアルクロニクル』のプレイ日記第4回目。

翌朝。クレイスのエフィに対する態度に異変が!

昨夜の夜這い訪問が功を奏したのか、一気に態度が軟化するクレイス。なんだよ結局構ってちゃんかよ。チョロ過ぎるぞクレイス!プレイヤー的にはまんまとエフィに籠絡されたとしか見えないんですが、幼女相手に悪態をつく大人ってのもいい加減鬱陶しかったので別にいいんですけどねw

と、宿屋のロビーに何故か昨日の変態女が居るじゃない!?

メルローズと名乗った変態女の言動は昨日同様電波汚染が激しくてまったくの意味不明。なので早々に次なる目的地である「イストール遺跡」へと向かいます。

相変わらず「タリムの森」を経由するんですね。何かすごく近くに密集している感じなんですけど今まで誰も石碑の存在に気付かなかったんでしょうかね?向かった「イストール遺跡」もクレイス曰く”廃墟”ということですが内部の仕掛けは生きてるしとても廃墟には見えないなぁ。だだっ広いけど構造は単純なんで迷うことなく最奥部へ到達。巨大なガイコツのボスとの戦闘は楽勝。

おなじみの呪文で「翠の宝玉」をゲットした直後、エフィの口から衝撃の事実を告げられるクレイス。


「金がない」…だと?


散々悪態をつきながらも仕事と割り切ってこなしていたところがまさかの「金がない」宣言。思わず遺跡の外へワープしてしまうほど怒り狂ったクレイスですが、昨夜の悪夢に出てきたコルクという少女がクレイスの心に語りかけてくる。「お兄ちゃん」と呼びかけているところから実の妹だと思われるのですが、どうも既にこの世の人ではない感じ。クレイスのトラウマの原因となっているのは間違いないっぽいです。

ブツクサ文句を言いながらも結局遺跡内に戻ってしまうクレイス。

「わたし…戻ってきてくれるって信じていました! てへへ☆」

遺跡に一人取り残され、歌を唄いながらヒマをつぶしていたエフィは満面の笑みでクレイスを迎える。

「もうひとりにしないで下さいね」

クレイスが戻ってきた時点で8割がたセフィの思惑通りなんですが、この魔性の幼女は更に畳み掛ける。結局クレイスの口から「ここからは商売抜きだ」とまで言わせたところで攻略完了。子供に悪態をつくヘタレリーマンから幼女萌えのキモオタにクラスチェンジです。

クレイスが見返りに求めたのはエフィが仕事の依頼をした時に話した「水の神殿」について教えてほしいというつつましいもの。これがエロゲーならあんなことやこんなことが繰り広げられるところなんでしょうが、CERO:Bでは期待してもムダっぽいですね。


和やかな雰囲気で遺跡を後にした魔性の幼女とロリコンでしたが「タリムの森」の道中、先の洞窟で遭遇した謎の女”フェイデ”の襲撃を受ける。戦闘画面に切り替わるも、ダメージ10000超えの瞬殺で歯が立たない。絶体絶命の危機に現れたのは昨日の変態女、メルローズであった。1対3では分が悪いと感じたのか、フェイデは魔法の力で姿を消してしまう。


辛くも宿に戻った一行は変態女を仲間に加えて今後の打ち合わせ。取りあえず次の目的地を「イストール山」に定めたところで解散。この後メルの逆夜這い云々の件があるんだけど面倒くさいんで省略。さすがに直截的な表現は避けてますけど結構際どいこと言ってます。まぁそんなに大した話ではないんだけどねw

翌朝、装備を整え「イストール山」(また近所)へ向かうといったところで次回に続きます。


スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2014年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/597-5964a46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード