某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【SS】『キューブバトラー デバッカー翔編』 | main | 【PS3】『メガゾーン23 青いガーランド』
【PSP】『ミマナ イアルクロニクル』をプレイしています(その7)
ミマナ イアルクロニクルミマナ イアルクロニクル
(2009/02/26)
Sony PSP

商品詳細を見る

PSP『ミマナ イアルクロニクル』のプレイ日記第7回目。

クレイスを守るために巨大な魔法の力を開放し、その小さな身体が耐えきれず瀕死の状態で臥せってしまった魔性の幼女エフィを救う可能性があるとすれば、希少アイテムである「ホーリィストーン」が必要であるとメルローズは言う。

愛する(笑)エフィを助ける為、押っ取り刀で「オンドベイ村」へ向かったクレイス一行。
目的の人物はクレイスの旧知の間柄らしいのだが、村での聞き込みの反応は皆微妙な感じ。

村の奥、目的の家はクレイス曰く「こんなにみすぼらしかったっけ?」…その理由は、家を取り囲む債権者の罵声で何となく察することになる。

多重債務者の常で、家の中からは何の応答もなく、債権者達が捨て台詞を残して立ち去ってしまった後、無断で中に入るクレイス。家の主は留守か…と思いきや、奥から出てきたのはクレイスと同じような年恰好の女性。やっぱり居留守かw

女はクレイスの顔を見るなりいきなり抱きついてきた。そこへ後から続いたティノンがモロに目撃したからさぁ大変。

「ダ~~~リ~~~ン~~~!!」

と叫ぶや問答無用の魔法攻撃に、正座で釈明をするハメに…ってラムちゃんかよ。いちいち元ネタが古いよね。

そのへんの件はともかく、家の主はクレイスのいとこで幼馴染のパルティ。魔法アイテム屋を営んでおり、先の借金取りは高価な素材を見境なく仕入れる為に膨らんだものであるらしい。なんかすごく親近感がw っつーか僕は借金してまで買わないですからね!

取り急ぎ事情を話すと「ホーリィストーン」はやはり希少な品らしく、パルティの店にも在庫はないという。
でもあるかもしれない場所は知ってるということで、パルティを加えた新・ハーレムパーティは、パルティの情報を頼りに「エルフィンの大木」を目指します。

「エルフィンの大木」で”エルフィンの紋章”を手に入れ、大木に刻まれた紋章の前で使うと「精霊の樹海」という場所に飛ばされました。

一面の湖に生える大木を桟橋で繋いだようなマップは3層構造になっていて今までのMAPに比べて格段に面倒なかんじ。っつーかこれって”樹海”なのか?
木に刻まれた光っていない紋章に触れて光をともす。それを4か所で行い最奥部に行くとお約束のボス戦です。あっさり書いてますけど結構手こずったんですよね…散々ウロウロしていたためにレベルは相当上がっており、一度も誰も回復ナシで撃破に成功。念願の「ホーリィストーン」を手に入れたが、そのままでは使えない為、一旦パルティの店で身に着けられるアイテムに練成する必要があるという。

さすがに歩いて戻る気力がなかったので魔法で「精霊の樹海」の入り口へ戻り、毎度おなじみ「タリムの森」に差し掛かった早々、最初の謎の男が一行を待ち受ける。…このパターンばっかりだな。

ここで初めて謎の男は「エイダル」という名前であることを告げる。クレイスを”駒”呼ばわりし、過去の事件にも通じてそうな口ぶりから何と自分がクレイスの村を襲い、妹コルクを亡き者にした張本人であることを明かす。

激高するクレイスに、ホムンクルスのフェイデが立ちはだかる!そのまま戦闘となるが、以前とは異なりまともにダメージを与えられるようになっているのは、こちらが強くなったというより相手が弱くなっているという印象。さほど苦戦することなくフェイデを倒しました。何か有益な情報が引き出せるかもと不承不承ながらフェイデを連行することにクレイスも同意し、とりあえず先にパルティの店へと向かいます。


パルティとメルローズ。魔法を媒介とした似た者同士が協力し「ホーリィストーン」から「ホーリィブレスレット」を練成することに成功。エフィの待つ宿屋へと急行する。

ドット画じゃよく分からんが、ますます衰弱している…らしい。早速「ホーリィブレスレット」をエフィの腕に装着すると、程なくして意識が戻ったじゃありませんか!スゲェ!仕組みは分からんが「ホーリィブレスレット」まじスゲェ。


「チビ助からエフィに昇格したんですね…てへへ」

いつの間にか魔性の幼女を”チビ助”ではなく名前で呼んでいたクレイスは思わず赤面する…ってコイツ、マジかよ(汗 おまわりさ~ん!犯人はコイツですよ!

意識は戻ったものの、まだ休息が必要ということで一旦解散してそれぞれ休息を取ることに。

…「眠れねぇ」

ここで夜這いの選択肢でキャラ毎の好感度がアップするのは分かっているんですが、ここはあえて個人的に気に入ってるティノンの元へ行くことにする。エロゲーなら(以下略


ようやく就寝したところで次回に続きます。



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2014年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/602-844292c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード