某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PSP】『ミマナ イアルクロニクル』をプレイしています(その9) | main | 【SFC】『パチ夫くんSPECIAL』
【PSP】『ミマナ イアルクロニクル』をプレイしています(その8)
ミマナ イアルクロニクルミマナ イアルクロニクル
(2009/02/26)
Sony PSP

商品詳細を見る

PSP『ミマナ イアルクロニクル』のプレイ日記第8回目。

終盤に近づくと途端にペースが落ちるのが今の私の悪い癖。っつーか前回の”精霊の樹海”ダンジョンが本っ当に面倒だったのね。あとこれまでの説明不足を補うが如く、やたら説明的なイベントが発生するのもプレイを鈍らせている要因だったりします。

ま、それはそれとして。翌朝、病み上がりのエフィの体調が本調子でないということで、今日は一日休息を取ることに決めた一行は、めいめい自由行動を取ることになりました。その前に、エフィと同様意識を取り戻したホムンクルスのフェイデは何故かエフィをマスターと認識。その場で切り捨てようとするクレイスとひと悶着あったのですが面倒なので割愛します。

休日の過ごし方っていってもやることはいつもの夜這い訪問と変わらず。エフィが心配とか守る役割とかごちゃごちゃ言ってますけど要するに愛する(笑)幼女の傍に行きたいということで即決。そこでもフェイデと口論になるが、幼女の仲裁で矛を収めるロリ野郎でありました。

一日休息を取ったことでエフィの体力も回復し、男1・女5のフルメンバーで最後の宝玉回収へと出発します。


今回の目的地は”スキュラの塔”何か普通の方法では行けないらしいんですが、クラプ海岸にある入れなかった”クラプの塔”への侵入はメルローズの力であっさり成功。塔の上に上ると中央の祭壇らしきところから”ブルーメ島”に転送され、お花畑を道なりに進んで”スキュラの塔”に到着しました。

”スキュラの塔”の構造は前回に比べれば単純。例によって何層かで構成されており、階段だけでなく落とし穴からしか行けないフロアを進むと、最奥部に例のモニュメントが鎮座しておりました。

ここを守るボスは人語を介する神獣スキュラ。グレートマジンガーかライディーンに出てきたような下半身が複数の竜で構成されており、攻撃は強力だが既に一行の敵ではない。”水の巫女セレス”の名やそれを守るに相応しい力を有するか試すなどと値打ちをこいていた割には倒した後なんのコメントもなし。

例の儀式で遂に最後の”菫(すみれ)の宝玉”を手に入れたセフィ。

「そろそろ本当のことを話してくれてもいいんじゃないか?」

というクレイスに対する回答は、水の神殿に赴き、水の魔石ミマナを手に入れて世界を救うことだという。

…でも出自についてはまだ教えられないという焦らし作戦だが、ここまで小出しにしてきた情報とありがちな展開を組み合わせれば大体予想できたり。一旦宿に戻り、いつもの夜のミーティングを行います。


最後の目的地である”水の神殿”の場所は、珍しくクレイスが口を切る。その場所は”アルケー村”フロルエルモスから南に下った先にあるらしいが、何となく様子がおかしい。クレイスを気遣うパルティ。多分クレイスの故郷ってところだろうな。

皆に早く休んでおけと言いながら「今夜は眠れそうにない」などとひとりごちるクレイス。オマエ結局夜這いしたいだけなんじゃね?

目的のエフィは既に就寝中。傍らに控えるフェイデとまたもや衝突する。幸いエフィは目覚めることなく部屋を出るクレイスであった…というところで次回に続きます。



スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2014年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/606-4a6f1058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード