某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【SFC】『SUPER三國志Ⅱ』 | main | 【SS】『真・女神転生デビルサマナー』をプレイしています(その3)
【SFC】『サンダースピリッツ』
サンダースピリッツサンダースピリッツ
(1991/12/27)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

ひとりSFCまつり絶賛開催中!ショートレビュー第13弾は『サンダースピリッツ』です。

この作品の経緯はちょっとややこしい。

オリジナルとなる作品はMDで発売された『サンダーフォースⅢ』で、まずアーケードに逆移植を果たした『サンダーフォースAC』が登場する。アーケードとコンシューマの技術的格差は、この頃は大分縮まっていたとはいえまだまだアーケードが優勢な時代。アーケードからコンシューマへ天下りするというのが一般的で、その逆のケースというのは非常に珍しかったワケだ。それは取りも直さず、元の作品が非常に優秀であったという証明に他ならない。

…と、ここまでなら往年のメガドライバーの戯言として3秒で片づけられる話なんですが、そのアーケードに逆移植を果たした『サンダーフォースAC』が更にSFCソフト『サンダースピリッツ』へと移植されたとあっては穏やかではない。

既に同ジャンルの作品としてはコナミから『グラディウスⅢ』をはじめ、タイトーの『ダライアスツイン』やアイレムの『スーパーR・TYPE』等、当時のメジャーどころは一通り出そろっており、その完成度について当時のシューターは「何かスーファミのシューティングって微妙じゃね?」と薄々ハードそのものがSTGに不向きであるという事実に気付きはじめていたまさにその時、その疑念を裏付けるかのごとく本作が登場したのでありました。

結論からいうと、MDを代表する名作STG『サンダーフォースⅢ』から派生した『サンダーフォースAC』および『サンダースピリッツ』は、元祖を際立たせるためだけに存在するかませ犬的な位置づけであり、メガドライバーによるマスターベーションの1ズリネタに過ぎないと。下品な表現をすればまぁそんな感じです。

今回初めてSFC版をプレイしてみて、表面的には極端に見劣りするワケでもないんだけど、何となく歪な感じがするというか。まぁオリジナルのMD版をプレイしてから正味20年近い年月が経過しているワケで、結局それもクリアにまで至らなかった私的には細かい違い云々を語る資格もないワケですが、ゲームのテンポから音楽、演出に至るまで計算づくのガチガチで隙のない作品だったオリジナル版を、違う器に2度も通したらそりゃ歪にもなるわなってことですよ。

余談ですが本作の発売元は何故かゲーム販売の実績がない東芝EMIであり、当時東芝から発売されていたTVの広告のハメコミ画像に本作のタイトルが使用されていたのを何となく覚えています。確かタレントはとんねるずだったんじゃないかな?

そんなどうでもいいことを思い出しつつ今回はこれにて。


サンダーフォース3  MD 【メガドライブ】サンダーフォース3 MD 【メガドライブ】
(1990/06/08)
Sega Megadrive

商品詳細を見る

→元祖にて至高。メガドライバーの数少ない心のよりどころとして長らく記憶に残る作品です

サンダーフォースゴールドパック1サンダーフォースゴールドパック1
(1996/09/27)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

サンダーフォースゴールドパック2サンダーフォースゴールドパック2
(1996/12/06)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

→少々入手困難ですが件の『~AC』をプレイできる唯一の作品です(2)

スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| SFC | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/629-d9ea7d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード