某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【SS】『真・女神転生デビルサマナー』 | main | 【SS】『真・女神転生デビルサマナー』をプレイしています(その12)
【SS】『真・女神転生デビルサマナー』をプレイしています(その13)
真・女神転生デビルサマナー真・女神転生デビルサマナー
(1995/12/25)
SEGA SATURN

商品詳細を見る

約半年間にわたって取り組んできた本作ですが、過日ようやく、ようや~~~くクリアしました!イェーイ!!

何か変なテンションになってますけど許してね。半年分のカタルシスってやっぱ半端ないわ。脳から変なホルモンが分泌されてる感じがします。

総論は後日のレビューに譲るとして、以下前回の続きから。

辛くも無間地獄を突破して現世に帰り着いた主人公は、肉便器と共に一旦事務所に戻り、その足で久美子から聞き出した本の隠し場所(矢来区のコインロッカー)へと向かう。誕生日なんて言われても全然覚えてないんだけど開けられる扉は限られているので問題なし。手に入れた目的のブツにはこんなメモが挿入されていた。

「天高く鳥が舞う丘より、地の底へ石の栓を回し、水を抜け」

何のヒネリもないんで何処を指しているのかは一発で分かったけど、取りあえず久美子の無事(報酬の回収)を確かめるべく久美子の自宅へ向かうことにする。んが、自宅はもぬけの殻で両親の姿も見当たらない。またバックレかよ…

仕方がないので矢来区に戻って情報収集。平崎市全体が何かに覆われているとか何とか。シドの陰謀もいよいよ大詰めというところか。占いババァはヤバいことになってきたとか抜かしてとっとと逃げやがった。クラブの常連客から、久美子が中央区の公園で黒づくめの怪しい男と歩いていたとの情報をゲット。相手はシドに間違いない。早速中央区へ向かう。

公園の入り口にシドと久美子を発見。久美子を返して欲しくばメモに書いてあった内容を実行しろという。

元よりそのつもりだったので再び雲雀ヶ丘へ。開通した地下水道の入り口から一気に問題の場所へ。実は目的の場所って別の地下水道から行けるようになってるんですよね。このイベントが発生する前に既に見つけていたので迷うことはありませんでした。

石室で指示通り栓を回すと、大量の水が流れ落ちる。中央公園に戻ると、公園の中央を取り巻いていた水路が干上がり、古墳の入口が現れた!予想に反してシドはあっさり久美子を解放するが、久美子は何かうわごとを呟きながら自分で古墳に入ってしまう。シドは余裕の態で久美子を追って古墳の中に消えてしまった。

外縁は妖樹林となり、悪魔が徘徊している。面積は広いものの、仕掛けは少ないので突破は余裕。妖樹林を抜けて古墳の中へ。

この時点でレベルは64であったが、普通にそれを上回る悪魔と遭遇する。上層はそうでもないが、より奥へ進んでいくと仕掛けも増え、仲魔のMPもじわじわと削られていく。しかも古墳には回復ポイントは一切ない。トラエストで一気にダンジョンを脱出しても、妖樹林の外には出られないので結構な道のりを経なければならないのが面倒くさい。妖樹林には回復ポイントが存在するが、結局ハゲの治療代を節約する程度にしか意味はない。

何度もトライしてレベルを上げつつ、合体で仲魔も強化していく。最終メンバーは、主人公、肉便器、英雄ヨシツネ、サンダルフォン、ヤマタノオロチ、ヘイムルダム。戦闘は主人公の剣攻撃と英雄ヨシツネの特技である”はっそうとび”を軸に、ヤマタノオロチのタル・カジャで攻撃力を上げ、敵によって肉便器の魔法攻撃を組み合わせる作戦。敵も強いがどうにもならない程ではない。

最奥部を守る2体の造魔を倒し、いよいよ最終決戦へ…

主人公を待ち構えていたシドは、かつてこの地に栄えた古代国家が滅亡した際、非業の死を遂げたイナルナ姫の怨霊を甦らせて世界を滅ぼすことが「組織」の最終目的だという。そしてイナルナ姫の怨霊を甦らせる為の依り代として秦野久美子を選んだのだ。目的が達成された以上、主人公の存在などどうでもよいのだが、中身が入れ替わったにわかデビルサマナーの主人公を生かしておくのはプライドが許さんのだと。いや、だから世界が滅んだら主人公だってお陀仏になるワケでしょ?っつーかここまで何度もやりあって全部負けてるじゃん。それともまだ本気出してないとでも?



ザコでしたw

先の2体の門番の方がまだ手こずったよ。何なん?コイツ?

お約束の捨て台詞の後はいよいよ真打ちである最終ボス、イナルナ姫の登場。第一形態はさほどでもなかったが、真の姿を現した第二形態はさすがに強かった。こちらが食らうダメージに対して与えられるダメージは余りにも低い。しんくうはとタル・カジャで継続的に攻撃力を上げつつ主人公とヨシツネはひたすら攻撃し、肉便器は回復役に徹すると。攻撃力が上限に達し、何ターン目かの攻撃で遂にイナルナ姫を倒した!



場面は一転、古墳の外で相対しているのは秦野久美子。怨みを抱いて封じられている間に、何者かによって悪しき力がそそぎこまれたことによって正気を失っていたという。関帝聖君のパターンですね。晴れて成仏できたってことで主人公に感謝の言葉を述べ、因果を越えたっていうけど本当にそれで良かったのか?

同じく正気を取り戻した秦野久美子は、葛葉キョウジの肉体に主人公が宿っているという事実は受け入れつつ、この姿のまま生きていかないといけない主人公に別れを告げる。それはいいけど両親にギャラを支払うよう伝えといてくれ…

最後に現れたのはチンピラのタカシ…の肉体に宿った葛葉キョウジ。っつーかコイツ死んでなかったのか?クソ弱いクセに上から目線の嫌味な物言いは相変わらず。そのチンピラの身体ごとツブしてやろうか?あぁ?今後も主人公のストーカーとなるらしい…っつーか勘弁して

最後に肉便器。主人公をデビルサマナーと認め、今まで通り「葛葉キョウジ」の名を名乗るかどうするか聞いてくる。主人公的には葛葉キョウジのクソ野郎の名を継承するなんてまっぴらなので、本名を選択したら何とも間抜けな感じになりましたw

平崎市の崩壊が未然に防がれ、新たなデビルサマナーが誕生したというところで本作は終了となります。

上にも書きましたけど総論は次の機会に。


スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2015年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/652-abe87659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード