某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【DC】『メモリーズオフ コンプリート』 | main | 【3DS】『3Dベア・ナックル』
【GB】『ドラえもん 対決ひみつ道具!!』


1991年に発売された初代GB用ソフト『ドラえもん 対決ひみつ道具!!』をクリアしました。

ここ最近、ハードオフ系のお店でレトロゲームのジャンク漁りが個人的なトレンドになっているというお話は以前にも書いたかと思います。買うだけ買ってちっとも整理していなかったものがそろそろ収拾がつかなくなってきたので起動チェックを兼ねてぼちぼちリスト化の作業を進めている最中、たまたまプレイしたところ勢いで最後までやっちゃったので一応感想などものしてみたいと思います。

販売元のエポック社といえば、1981年に「カセットビジョン」というほぼ同じコンセプトの商品をリリースし、当時のシェアを席巻するも、後発のファミコンに駆逐されたという過去を持つ。バンダイにしろエポック社にしろ、ハード事業でイニシアチブを取ることに並々ならぬ意欲を示していたところが結果的に敗北し、両社とも玩具メーカーとしてはファミコン以前の任天堂など足元にも及ばない実績を持っていたにも関わらず、後にファミコン用ソフトをリリースするに至ってはまさに王者任天堂の軍門に下るという構図で、当時ガキんちょながら複雑な思いで見ていた記憶がありますね。

それはさておき、その後のバンダイがキャラゲーを軸にいい意味でも悪い意味でもゲーム業界に存在感を発揮していたのとは対照的に、ソフト事業では目立った活躍ができなかったエポック社ですが、唯一「ドラえもん」関連の作品は精力的にリリースを続け、初代PSの頃までは頑張っていたような気がします。

そんなエポック社製ドラゲーのGB初タイトルが本作。当時キャラゲーに余りいい印象を持っていなかった私はリアルタイムでプレイした経験が少ないので、本作が初ドラゲーとなります。

タイムマシンのコンピューターを使ってゲームをしていたドラえもん以下いつもの面々。突然コンピューターが暴走し、気が付くとそこは見たこともない異空間。のび太たちともはぐれ、ひみつ道具もない状態で、唯一残っていた「ミチビキエンゼル」と共に元の世界に戻る為に冒険に出発する…というのが背景。

各ステージは平面のループ構造になっており、ステージ上に点在する扉に入ってヒントや失われたひみつ道具を回収し、最後にボスを倒せば次のステージへ進めるという流れ。見た目はアクションなんですが、扉の中はシューティングに横スクロールアクション、固定画面アクションと多彩。各ステージのボスはひみつ道具が変形したものとなっています。最初のステージボス「タケコプター」を倒せば次のステージから横スクロールアクションは横シューティングになるというギミックは中々面白いですね。

扉はフラグ形式になっていて、ある扉の先へ進むためには別の扉でアイテムを手に入れなければならない、という体裁ですが、基本順番の問題だけでしらみつぶしにしていけば確実にクリアできます。ついでに言うと全部の扉をクリアする必要はありません。

そうしてしずか、スネ夫、ジャイアンの順に救出し、最終ボスであるタイムマシンを倒してのび太を救出した後、暴走したタイムマシンのコンピューター内に侵入して大元を叩けばゲームクリアとなります。

全般的に難易度は低く、特に各ボスの耐久力は驚くほど低いのでほぼ瞬殺できますw 初期装備は「チャンピオングローブ」のみですが、マップ上の様々なアイテムを拾うことによって攻撃方法が変わり、モノによっては非常に使い勝手が悪い物もあるので要注意。私は連射のできるピストルだけでほぼ全ステージクリアしました。

かように、ゲーム内容は各扉の縦横のシューティングがメインとなっています。自機のスピードは遅いですが、敵弾も同様なのでバランスは取れていますね。敵の数も少ないので武器の選択さえ誤らなければクリアできないということはないと思います。

あと、攻略というほどではないですけど、自分が撃った弾は敵に命中するか射程に到達するまで障害物等の影響を受けないので、入り組んだ地形のステージにおいては射線上にて装備中の射程ギリギリから先撃ちしておくと楽に進めます。

全編を通して原作にはないシュールな異空間に正体不明の敵。原作をアレンジしたオドロオドロしいBGMは、およそ原作のほのぼのとした雰囲気とは真逆です。オチは普段酷使されているひみつ道具たちのストライキというのがアレなんですが、「ミチビキエンゼル」をはじめ、「正直太郎」とか「チャンピオングローブ」とか、原作でも決してメジャーでないひみつ道具が活躍したり、ビジュアルイメージが極めて原作(アニメ版のほう)準拠なところ等キャラゲーとして最低限押さえておかなければならないポイントはきっちり押さえてあるのは好感が持てます。スコアやステータスはリセットされますけどステージ毎に出るパスワードで再開が容易なところもポイントが高いですね。

ボリュームはないですけど本作のゲーム性から考えたらこんなもんかな、と。手軽にプレイできて短時間でそれなりのカタルシスを得ることができますので、個人的にはいいゲームだと思います。


スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| GB | 23:59 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/692-816630c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード