某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【3DS】『カタチ新発見!立体ピクロス2』 | main | 【XBOX360】『虫姫さま』
【FC】『ボンバーマンⅡ』


この一カ月間というもの、先月末に購入した「レトロフリーク」にかかりきりであったワケですが、インストール数もようやく1500本を数えたところで一旦小休止したいと思っています。

実家に置いてあるMDソフト数十本が行方不明なのと、FC・SFC合わせて百本程度の中古未開封(ビニールを剥がすのが超めんどい)で在庫の奥深くに眠っているもの、あとどうやってもきちんと認識しないソフト数十本で、200本前後がまだ作業完了していないのですが、いい加減飽きてきたというのが正直なところです。

せっかくなんで「レトロフリーク」の機能を活用しつつ、旧作の消化を進めようということでハードルの低そうな本作をチョイスしました。

初代『ボンバーマン』はファミコン初期に発売されたハドソンの名作ソフトですが、起源はファミコン以前のマイコン時代にまで遡ります。その辺のところを詳らかにすると長くなりそうなんで割愛します。初代の発売から6年後に発売された本作は、ファミコン版の続編というより前年に発売されたPCエンジン版『ボンバーマン』の移植という方が近いと思います。

初代『ボンバーマン』は一人用で、プレイヤー同士の対戦モードはありませんでした。PCエンジン版で初めて搭載された5人同時の対戦モードは地味な一人用のプレイ感から一転してこちらがメインと思えるぐらいにゲーム性も一変しました。PCエンジンの特性を活かしてビジュアルも一新、キャラクターも可愛らしくデフォルメされて生まれ変わりました。

後にプラットフォームをSFCに移すことになる同シリーズも、回を重ねるごとに色んな要素が加わってきて、それはそれでゲームの進化としては正しい方向性だとは思うのですけど、多人数による対戦プレイに関してはPCエンジン版初代のシンプルさがベストだと思うのですね。5人もいれば腕前もバラつきがあって当然なんで上級者同士はともかく、余計なルールは少ないに越したことはありません。

さて、そんなPCエンジン版のマインドを色濃く受け継いだ本作ですが、残念ながらあらゆる部分でパワーダウンを感じるのは否めません。一人用のモードは8×8面から6×8面にボリュームダウンしている上に敵キャラはほとんどPCエンジン版の流用。しかもステージ最終面のボスは一切登場せず、無敵状態でひたすら敵を倒すボーナスステージが挿入されるのみ。肝心の対戦モードもハードの仕様上やむを得ないとはいえ、PCエンジン版の5人同時対戦から3人同時までに縮小しています。

好意的に解釈すれば、PCエンジンを持ってないファミコンキッズに本作の対戦の面白さを知ってほしいというハドソンなりのサービスと理解できますけど、この頃のハドソンってPCエンジンに最も注力していた時代なんで、悪意を持って解釈すれば基本的なフォーマットはそのままに、あまり手間をかけずに安易に他機種に持ってきたともいえます。

せっかくクリアしたのに何なんですが、これをやるならPCエンジン版をプレイした方が遥に楽しめると思いますね。


→こちらも「レトロフリーク」インストール済みです
スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

| FC | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/700-eb787a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード