某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PSP】『英雄伝説 空の軌跡SC』をプレイしています(その0) | main | 【PS】『まちがい探しゲーム ミスランド』
【PSP】『英雄伝説 空の軌跡FC』

PSP版『英雄伝説 空の軌跡FC』を1周クリアしました。

実は『~軌跡』シリーズをプレイするのは今回が初めてなんですよね(汗)
VitaやPS3等でリメイクされた作品は未所有ですが、PSPで発売されたシリーズ作品は『那由多の軌跡』まで所有しています。
『軌跡~』シリーズとしては本作『空の軌跡』が3部作で、計6本。シリーズ作品のいずれも未プレイ状態のまま買い重ねる行為は私的には珍しくもないですが、作品が増えていくに従って最初のプレイに対するきっかけが掴み辛かったりします。何と言うか、乗り遅れた感?シリーズの評価が高ければ高いほど最初の一歩を踏み出すのが難しい。このあたりの感覚は普通の人には中々理解してもらえないと思います。似たような系統では『テイルズ~』シリーズや『サモンナイト』や『グローランサー』等がありますね。

本作は『英雄伝説』シリーズの6作目としてもカウントされてるワケですが、そこから数えたらPCEの『ドラゴンスレイヤー英雄伝説Ⅱ』以来20数年ぶりにシリーズ作品のプレイということになります。

うん、何と言っても業界では老舗中の老舗である「日本ファルコム」謹製だし、本作以降半ば独立した形でシリーズが確立しているという事実を確認するまでもなく本作が面白くないワケがないのは明白なんですが、いずれにせよ購入してから数年間も寝かせていたんですよね(汗)プレイを開始してからのべ40時間余りを費やし、ついさっきエンディングを観て今猛烈に後悔しています。何故とっととプレイしなかったのか、と。

いやぁ、シリーズのファンにとっては今更もいいところの話なんでしょうけど、すげー面白かったです、コレ。こんなアホっぽい感嘆詞しか出てこないほど内容については完璧、といっても過言ではありません。

何と言っても登場するキャラクターがプレイキャラのみならず、イベント限定のサブキャラに至るまでしっかり丁寧に作り込んであっていちいち魅力的なのがいい。どのキャラクターも表面的なものだけでない、バックボーンや葛藤が色々あって、それを直接的に表現するのではなくシナリオの端々でプレイヤーに気付かせるというのは至難の業だと思いますね。それが敵となるキャラクターにまで徹底しているのだから素晴らしい。本当に嫌いになるキャラクターがほとんど見当たらないですね。

主人公となるキャラクターは16歳の少年少女。それに対して40も半ばを過ぎたジジィが感情移入するには相当無理があるような気がしますが、ゲームをやってる間はそんなの関係ない。エステル、ヨシュアと共に各地を巡りながら、実際にリベール王国の情景を体感しているような感覚。最近プレイした和製RPGでは『妖怪ウォッチ』のそれが近い気がします。全然雰囲気は違いますけどね。

うまく言えないんですけどシナリオと風景が一体となっているというか、優れたシナリオも世界観も違和感なく融合しているのが本作が名作たる所以なんじゃないかな。ゲームで時間を忘れてのめり込むなんて最近ではほとんどなかったんだけど、本作に関してはPSP本体の電池があっという間になくなるぐらい集中してプレイしていたと思います。

で、あのエンディングですよ。ネタバレになるんで詳述はしませんが、リアルタイムでプレイしていた方がここから1年間もお預けをくわされていたなんて、気の毒というかあり得ないw もちろん私は続けてプレイしますよ、えぇ。

どのシナリオも良かったんだけど特に印象に残っているのは終章を除いたら第2章「白き花のマドリガル」かなぁ。学園祭準備までの束の間の学生生活であったほのぼのとした雰囲気とは一転、終盤の海上追跡シーンなんか手に汗握る展開とのギャップがすごい。あと第3章「黒のオーブメント」の終盤で重剣のアガットがティータを諭すシーン。大の男が幼女の横っ面を引っ叩くという衝撃的な場面の後、言葉は乱暴ながら優しさと気遣いに溢れているアガットのセリフに痺れます。

今からプレイするならフルボイスになって演出面が強化されたリメイク版がいいんでしょうけど、ドット画による動きだけで表現した演出とテキストだけでも十分楽しめます。PSPのメディアインストールに対応しておらず、マップや場面の切り替えで発生する待ち時間が気になるところですけど、不満らしい不満って本当にそれぐらいしかないです。

元々RPGにおけるやり込み要素には興味が薄い私ですが、先が気になってサブクエストも大分すっ飛ばしちゃったんで、終わってみたらもう少し丁寧にプレイしておけば良かったかなと若干後悔しています。ただ、「強くてニューゲーム」でももう1周するより続きをプレイしたいという気持ちの方が強いので、また忘れた頃にリメイク版でも購入した際に挑戦してみようかな。

取りあえず、続編の『~SC』はできる限りじっくりプレイしたいと思います。

…というワケで今年のプレイ日記一発目は『英雄伝説 空の軌跡SC』に決定。メディア2枚組で大幅にボリュームアップしていて、凡作ならそれだけで尻込みするところなんですが、本作に関して言えばもっと長く楽しめるという期待感しかありません。

いかな旧ハードの作品とはいえ、こんなに良くできているのに中古でゴミのような値段で売られているのが納得できないwまぁそれだけ数多く流通したってことですね。



→私の周りだけかもしれないけど、中古でも滅多に見かけないんですよね


→こっちでもいいんだけどEvoと比較すると中途半端な気がします

スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PSP | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/705-7cf4705c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード