某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【3DS】『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』 | main | 【PS】『子育てクイズもっとマイエンジェル』
【PSP】『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』


PSP『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の廉価版を難易度「ユルヤカ」でクリアしました。わざわざ「廉価版」であることを補足したのは、フルプライス版からシステム面においてかなり調整が加わっており、セーブデータも連動していないからであります。

【ストーリー】
舞台は、あらゆる分野の超一流高校生を集めて育て上げる為に設立された、政府公認の特権的な学園「私立 希望ヶ峰学園」。国の将来を担う希望を育て上げるべく設立されたこの学園に、至極平凡な主人公、苗木誠もまた入学を許可されていた。
平均的な学生の中から、抽選によってただ1名選出された超高校級の幸運児として……。

入学式当日、玄関ホールで気を失った誠が目を覚ましたのは、密室となった学園内と思われる場所だった。
「希望ヶ峰学園」という名前にはほど遠い、陰鬱な雰囲気。薄汚れた廊下、窓には鉄格子、牢獄のような圧迫感。何かがおかしい。

入学式会場で、自らを学園長と称するクマのぬいぐるみ、モノクマは生徒たちへ語りはじめる。
――今後一生をこの閉鎖空間である学園内で過ごすこと。外へ出たければ殺人をすること。――

主人公の誠を含め、この絶望の学園に閉じこめられたのは、全国から集められた超高校級の学生15人。
生徒の信頼関係を打ち砕く事件の数々。卑劣な学級裁判。黒幕は誰なのか。その真の目論見とは……。

<以上Amazonより引用>

本作のシチュエーションはいわゆる「クローズド・サークル」モノ。近作では現在放送中のアニメ「迷家(マヨイガ)」なんかがそれに該当しますね。この手の作品って色んなメディアに相性がよくって、基本的に閉鎖された空間内ですべて完結できるから特に低予算の実写作品では純粋にアイデア勝負みたいなところがあって近年多用されているものであります。

細かい設定はさておき、プロットに関してはどの作品も大差はなく、またストーリー的な深みとも無縁でありまして、そういうものを求めるむきにはあんまりおススメはできません。内容的にも残酷な描写が多いですしね。でもそのあたりに抵抗がなければどの作品も途中までは確実に楽しめると思うんですね。いわゆるこの手の作品に対する評価が分かれるポイントはズバリラスト。過程で提示した謎や伏線を回収して破綻なくまとめあげているかどうか、が最重要であるといっても過言ではありません。

次に重要なのはキャラクター。群像劇ですから、登場するキャラクターはある程度数を揃える必要があるんですけど、物語を進行させる為の役割分担を明確にしつつ個性を際立たせないと中々魅力的なキャラクターとはなりません。シナリオの性質上、進行上の役割とは別にシナリオ全体の謎の一部を担わせることも重要なポイントです。

以上のようなジャンルを構成する基本的な要素を踏まえた上で本作を分析すると、極めて忠実にそのフォーマットに倣っており、一応は成功しているといっていいんじゃないでしょうか。スタイリッシュなビジュアルデザインに豪華な声優陣、特に本作を象徴するキャラクターである”モノクマ”に「ドラえもん」の呪縛から解放された大山のぶ代氏が起用されているのが素晴らしい。”モノクマ”のビジュアルイメージと相まってまさに「黒いドラえもん」とも言うべきシュールでどぎついセリフが聞けるだけでも価値があると思います。

本作の性質上、シナリオに関わる部分について言及はできませんが、ゲームの流れとシステム的な部分の感想を。登場人物たちは劇中において様々なルールにより行動を制限されており、それはそのままプレイヤーにも適用されます。

大きくは事件発生までの(非)日常パートで他のキャラクターとの交流を深めたり情報を収集し、殺人事件発生後は非日常パートで事件の捜査を行い、本作のキモである”学級裁判”において事件の真犯人を追いつめる、という流れ。

前半部分は通常のADVとほとんど同じです。舞台となる”希望ヶ峰学園”は大きく寄宿舎エリアと学舎エリアに分かれており、それぞれ3Dのマップを移動して目的地に向かいます。一応ショートカットもできるのですが、任意の場所ではなく他のエリア(階層含む)との接合点のみなので微妙に使いづらいです。イベントのある場所は”!”マークで表示されていて分かりやすいですが、階層ごとにショートカットのマップメニューを開かないといけないのはちょっと面倒。私はインストールしてプレイしたのでそうでない場合の状態は分からないのですが、ここで読み込みの為の待ち時間が発生したりすると結構なストレスにはなりそうです。あとその他のキャラクターが居る場所も件のマップ画面に表示されるのですが、室内はいいとして廊下等の共有部分に居たりすると探すのに手間がかかる場合がありますね。

捜査は”学級裁判”で使用できる”言弾(コトダマ)”を収集することで行います。リアルな制限時間等はなく、すべての材料を揃えた時点で”学級裁判”へと移行しますので、ここでの見落としで後々手詰まりになるという心配はありません。

本作のメインイベントといえる”学級裁判”モードでは”ハイスピード推理アクション”というコピーの通り、アクション要素が非常に強いです。

まずは「ノンストップ議論」登場人物たちが交わすセリフの中からウイークポイントを見つけ出し”言弾”をぶつけることで”論破”する。最初は”言弾”を選択する必要もないが、後半になってくると複数の”言弾”の中から適切なものを見つける必要があったり「ノンストップ議論」の発言の中からウイークポイントを見つけなければならなかったりします。このモードは正答するまでループする構造となっており、最後には主人公の独白でヒントが提示されるので余程のことがない限り解答が分からないということはないはず。

次は「閃きアナグラム」虫食い状態となったキーワードに対し、当てはまる字を選択して撃ち落としていく。

次は「マシンガントークバトル」誰かを追いつめた際、一切の議論を拒否する形で次々と繰り出される否定の言葉をリズムゲームの要領で打ち消していく。判定は結構甘いのでゲージを確認するより現れるセリフを発見することに集中した方がいいような気がします。

次は「人物指名」それまでの論旨からどの人物がその案件に該当するのか当てるもの。

最後に「クライマックス推理」それまでの議論で確定した事柄を時系列に再現された漫画風のカットに抜けたコマを当てはめていく。ここまでくればヒントを参照すれば大抵分かるが、稀に判別の難しいカットがあるので注意が必要です。

”学級裁判”の各パートには制限時間が設けられており、それをオーバーしたり、設定された”お手つき”数を上回った時点でゲームオーバーとなりますが、何度でもリトライできるので心配無用。プレイヤーのミスによる事実上のゲームオーバーは存在しません。そういう意味での緊張感はないですが、シナリオが進むごとに続きを見たいという欲求がどんどん湧いてきて止め時が難しいんですよね。ありとあらゆる手を使って文字通りこちらを嵌めようとしてくるので気が抜けないというか、些細な違和感が後の大きな伏線になっていたりとか、体感型のエンタテインメントであるゲームというメディアを存分に活用した盛りだくさんの内容になっています。

本当に内容について具体的に説明できないのがもどかしいんですけど、冒頭であった「クローズド・サークル」モノや残酷描写が肌に合わない人以外には間違いなくおススメできる佳作です。すべてのゲームファンがやるべきとまでは言わないけど、やって損はないとは断言できますね。今プレイするならPSVのリメイク版がベストだと思いますが、PSP版の中古ならゴミのような値段で買えますよw(但し続編は廉価版もなくてそこそこの値段はしますが、2本共買ってもPSV版よりは安く手に入ると思います)


 

→『絶対絶望少女~』は未所有です。でも多分そう遠くないタイミングで購入すると思いますw



スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PSP | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/724-63b29acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード