某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【SS】『ときめき麻雀グラフィティ~年下の天使たち~』 | main | 【3DS】『閃乱カグラ Burst -紅蓮の少女達-』
【MD】『三国志Ⅲ』


メガドライブ版『三国志Ⅲ』のシナリオ2「群雄割拠、乱世再び」君主は曹操でクリアしました。

実機ではカートリッジ版とCD版両方所有しているのですが、今回はサイバーガジェットの「レトロフリーク」を使用してカートリッジ版のプレイとなります。

光栄(現:コーエーテクモゲームズ)の「三国志」シリーズは、今から30年以上も前に当時の主流であった8ビットマイコンで発売されて以来、現在もシリーズ作品が発売され続けている定番の人気作品です。本シリーズが世間一般における「三国志」の認知拡大に果たした影響は計り知れず、ゲームのみならず様々なメディアにおいて無数のフォロワーを輩出したことは論を待たないと思います。かくいう私も高校生当時、初代「三国志」にハマりにハマったものでありまして、数年のインターバルを経てSFC版の『三国志Ⅱ』も購入から一年ぐらいはこればっかり遊んでいた記憶があります。

以降のシリーズ作品は一通り継続して購入はしているのですけど、その頃既に積ゲーがドンドコ増えていて本シリーズまで中々手が回らなかったんですね。本作も当時メガCD版で一回は通しでプレイした記憶はあるんですけど詳細は全然覚えていないというね。

前作である同Ⅱと比較して大きく変わったのは攻略すべき拠点が面ではなく都市単位になったこと。今までは国が隣接していれば直接攻め込むことができたのですが、本作において各都市は街道によって繋がっており、他国に攻めこむ場合、隣接する都市なら前作同様そのまま攻城戦になるんですけど、間に街道の要所がある場合、攻め込む先が迎撃に出てくると野戦となり、その戦争に勝利しないと都市に戦争を仕掛けることができないんですね。すごく大雑把にいうと、制空権や制海権を握るみたいな感じです。

部隊編成も出陣する各部将に兵士を割り当てて終わりではなく、歩兵・騎馬・弩兵・強弩兵の4種類の兵科に振り分けられるようになりました。但し歩兵以外は割り当てた兵士数と同じ数の軍馬・武器が必要となります。

更に今作では計略の種類が増えました。前作までは火計ぐらいしか使いどころがなかったものが、偽令(嘘の命令で部隊を混乱させる。メダパニみたいなもん)、同士(討ち)が追加され、その成功率は部将の知力に因るので、武力の高い軍師(周瑜・陸遜等)は特に戦争で重宝します。あと防御側のみですが、軍師が出陣していれば戦闘開始前に落とし穴を掘ることができるようになりました。決まれば大幅に兵士数と士気減らすことができ、爽快ですが逆に自分が食らうと大きくへこむので注意が必要です。自軍に軍師が居れば注意を促してくれますが当然場所まで教えてはくれないので、何度も繰り返してCPUのクセを把握するしか対処の方法はないですね。

あと配下の部将はその能力に応じて軍師・将軍・武官・文官の4つの身分に分かれるようになりました。使える人材とそうでない人材が露骨に区別できるようになったので、有能な軍師・将軍クラスをいかに多く抱えることができるかで攻略が随分楽になります。

その人材確保の方法は前作同様他国から引き抜くか「捜索」コマンドを使って自国に埋もれている在野部将を見つけて登用します。大きく変わったのは君主以外も実行できること。但し他国から引き抜く場合、その部将が居る都市と隣接した都市でなおかつ「密偵」でその都市の情報を閲覧できる状態にしておく必要があります。こういう仕様ですから、戦争終了後に捕縛された部将の引き抜き合戦に陥ることは少なく、戦争に勝って沢山の敵部将を確保しても直ちに他国と隣接しない場所に移してしまえばいかに忠誠度が低くても他国に引き抜かれるリスクは発生しません(但し勝手に在野に下ってしまうことはあります)。逆に言えば戦争という手段以外で大量の人材を獲得できる手段がないということなんですね。その中でも有能な人材は限られているので、シナリオや選択した君主の初期状態は結構重要になってきます。デフォルトでショボい部将しか居ない君主でスタートすると、軍を整えて外征できるまでにかかる労力が前作より厳しくなったといえます。

西暦194年からスタートする今回のシナリオでは、曹操は洛陽と弘農の2都市を最初から支配しており、人材は軍師には郭嘉・荀彧・荀攸・程昱・満寵が最初から居り、将軍では夏侯淵・夏候惇・曹仁・曹洪・李典・楽進・典韋等。更に両都市とも在野に許褚・司馬懿等が眠っており、かなり恵まれている立地といえます。

時期的には董卓が誅殺された後に献帝を擁する董卓の継承勢力である李傕が西の長安、皇帝を僭称した袁術が南に陣取り、東には呂布・袁紹が中央への足掛かりを狙っているといった情勢。後の呉・蜀を建国する孫策と劉備は中央からは遠く離れた勢力なので当面敵ではないということで、まずは西側を攻略していきます。

李傕陣営は結束が盤石ではなく、賈詡等引き抜きやすい人材を根こそぎ引き抜いて弱体化させます。袁術も同様の戦術で人材から切り崩していくのですが、ごく一部を除いて両陣営とも総じて能力が低い奴しか居ないんですよね…。武力60台で政治力も知力も低い奴は本当に使いどころがない。せいぜい密偵として他国に潜伏して情報を流すぐらいにしか役に立ちません。

基本的に戦術云々よりも戦争に勝ってから安定的に国力を回復したいタイプなんで電撃戦は採用せず、戦争は必要最小限に止め、張魯等の弱小勢力は他国同士の争いで疲弊したところへ降伏勧告を行い、徐々に勢力を拡大していきます。

10年も経過するとほぼ大勢が形成されてきます。西涼の馬騰を除き、許昌から西側を制した曹操と、初期部将の多さを活かした袁紹の後を継いだ袁譚が東のほぼ全域を支配。後の呉にあたる建業や寿春は王朗・劉繇・厳白虎らの弱小勢力が混在し、小競り合いを繰り返している為突出した勢力は居ない。孔融・公孫瓉は早々に脱落し、呂布→陳宮→張遼と代替わりした勢力も滅亡、劉繇→太史慈、厳白虎→厳興と代替わりした勢力と意外なところでは孫策の勢力も10年後には滅亡していました。劉備も周倉へと代替わりしており、三国志を形成する呉蜀の勢力が中盤で事実上滅亡した為、非常に地味な展開になってしまいました(汗)

劉璋の支配する蜀、劉表の支配する荊州をあらかた平らげる頃には天下の形勢は中央から西を支配する曹操と、中央から北と東シナ海側を支配する袁紹(→袁譚→袁尚)と、寿春から南側、激戦区における弱小勢力同士のデスレースを制したのは意外にも会稽を根拠地とする王朗。頻繁に戦争が起こっていた為に所属部将も混沌としていて、旧孫策の部将と旧劉備の部将を中心にそこそこの人材を抱えていたところに隣接する都市を制圧して即引き抜き作戦で切り崩していく。事前の計略で忠誠度を下げる試みは成功率が低いんですけど、100でない限りはそこそこ高い数値でも十分引き抜きは可能です。

そうして弱小勢力を平らげていよいよ北方勢力とのマッチレース。まぁ大勢は既に決しているんですけどね。袁紹一族は短命で、袁譚もその跡を継いだ袁尚も直接刃を交えることなく亡くなってしまい、最終的には趙雲が跡を継いでいましたw

結局大陸全土を制したのは194年から数えて20年後の214年。蜀を手に入れるまでは結構時間がかかりましたけど、蜀と荊州の人材を取り込んでからは一気呵成に拡大できました。最後に趙雲が降伏した際は合計で100万近い軍勢を周辺都市に配置しましたから、交渉もスムーズでしたねw


…というワケで途中からプレイ日記のような態になってしまいましたが、久々の『三国志Ⅲ』は無事クリアできました。やっぱり軌道に乗り出すと中毒性が高いですね。最新のシリーズ作品はプレイしていないので何とも言えないですけど、このぐらいシンプルな内容の方がとっつき易いような気がします。また忘れた頃にプレイしたいですね。




→本作をベースにした3DS版の三国志。前作は同Ⅴをベースにしていてちょっとややこしいです。ま、本編とは別物と考えておけば問題はないと思います


スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| MD | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/725-5ccbe52e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード