某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PS3】『白騎士物語~』をプレイしています(その8) | main | ドラマ「警官の血」
【Wii】『珍道中!!ポールの大冒険』
久々にWiiウェアのソフトをDLしました。


珍道中!!ポールの大冒険


略して「珍ポー」ですw

同じくWiiウェアで、ファミコンテイストの『ロックマン9』が話題になったのは記憶に新しく、多分似たような企画が出てくるだろうなとは思っていましたが、いい意味で予想は裏切られました。

一見すると、レトロ調のグラフィックに、かの名作『スーパーマリオブラザーズ』に代表される、オーソドックスな横スクロールジャンプアクションですがさにあらず。ステージ中にちりばめられた数々の”NETA(ネタ)”を探すゲームだったのです。

百聞は一見にしかず。中身の詳細は公式ページででも確認していただくとして、DLの際面食らったのがその容量。
Wii本体メモリーの貧弱さは今更言うまでもなく、ヘビーユーザーの方においてはそのやりくりに苦労なされていると思いますけど、そんな胸中を嘲笑うがごとく、本作は200ブロック以上使用します。Wiiユーザーでない方はピンとこないかもしれませんので一例を上げますと、バーチャルコンソールで配信されているファミコンソフトが大体20前後。PCEのCD-ROM作品や、NEO-GEO作品とほぼ同じくらい使用するのですね。

正直、こんなショボいグラフィックのどこにそんな容量を使っているのかと思いきや、ゲーム中の”ネタ”に対するツッコミが、すべてフルボイスなんですわ。もちろんそれだけではないのでしょうけど、何となく釈然としないものがあります。

ゲームのキモである”ネタ”なんですが、クスっとする程度のものも多々ありますけど、大方はせいぜい陣内智則レベル。TV番組「エンタの神様」のネタに被せるテロップや、エンタのみに出演しているような芸人に嫌悪感がなければまぁまぁ楽しめるのではないかと思います。

それにしてもゲームで笑わせるというのはやはり難しいといわざるを得ませんね。恐らく30代以上のファミコン世代を狙っているのでしょうが、人によっては好き嫌いがはっきり分かれそうです。そんなに生々しくはないですが、グロネタも多いので苦手な方はご注意を。

本作の本質は、100もあるそのネタを見つけることに主眼が置かれていて、それ自体は別にいいんですけど肝心のゲーム部分は正直微妙です。
1ステージ3~4のエリア構成で全6ステージありまして、一周目だけなら多分誰でもクリアできると思います。二周目はぐんと難易度が上がりますが、一度ステージをクリアすればゲームオーバーになっても途中からスタートできるので、頑張ればまぁ何とかなるかな、と。ちなみに、100あるネタのすべては、二周目もクリアしないと見られないです。ま、普通に一周目だけでも80以上は見られるんですけどね。

値段は500Wiiポイントと安いので、メモリーの残量に余裕があって、ヘンなもの好きの方にはおススメできます。


ニンテンドーポイントプリペイドカード 1000ニンテンドーポイントプリペイドカード 1000
(2006/12/02)
Nintendo Wii

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:セガゲーム・セガニュース・セガ情報 - ジャンル:ゲーム

| Wii・Wii U | 17:18 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/73-138a9c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード