某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【Wii】『名探偵コナン~追憶の幻想~』 | main | 【XBOX360】『アサシンクリード』
【PS2】『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』


第一条
ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条
ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条
ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。

— 2058年の「ロボット工学ハンドブック」第56版 、『われはロボット』より


SFファンならずとも上記の”ロボット三原則”をご存知の方は少なくないだろう。SF作家、アイザック・アシモフが自身の作品の中で提唱した概念は、作品の中で”ロボット”の行動規範として設定され、自身の作品のみならずSF的ガジェットであるところの”ロボット”が登場する作品において数多く援用され、現実のロボット工学にも少なからず影響を与えている。

本作の舞台は近未来。過剰な宇宙開発から端を発した争いは地球規模に拡大し、地表に降り注いだ細菌兵器の影響で人類はほとんど死滅。厚い雲に覆われた空からは決して降り止むことのない雨が降り続け、本来守るべきものを失った自律式戦闘機械が徘徊する”封印都市”に、獲物を求めて彷徨いこんだひとりのスカベンジャーが主人公。身を隠す為に侵入した建物の最上階で、主人公は奇妙な少女と出会う。それはかつてこの場所で営まれていた「プラネタリウム」の解説員として働いていた自律式のロボット―”ほしのゆめみ”であった。


本作は『kanon』『Air』『CLANNAD』のいわゆる”泣き”三部作を手掛けたKeyの作品です。件の三部作とは異なり、現代を舞台としたファンタジーっぽい要素はなく、割とガチなSFの終末モノであります。登場人物といってビジュアルはロボットの”ほしのゆめみ”のみであり、スカベンジャーの主人公(名前すらない)の独白に彼女とのやり取りがテキストのほぼすべてであります。

更に付け加えれば本作はゲームと呼ぶのも微妙です。何せストーリーは一本道で分岐どころか操作はテキストを送るボタンのみ。まともにテキストを読むだけなら2~3時間でエンディングに到達します。

”ゆめみ”のデザインはいわゆるギャルゲー的なそれなんだけど、純然なテキスト系ギャルベンチャーとはちょっと違う…というかSFネタ的には王道中の王道で10年以上前の作品だということを差っ引いても目新しい要素は何もなく、その結末も同社の作品や似たような系統の作品をプレイした経験があれば大方想像の範囲内のオチなんじゃないかなぁ。

だからといって本作がダメってワケじゃないんですよ?陰鬱な背景に淡いビジュアルは上手く世界観を表現できていると思うし、有機的でありながらどこかかみ合わないロボットとの会話の妙も洗練されています。同じ言い回しを意図的に多用することで生じる違和感を、ロボットであるが故の純粋さにまで昇華させている手腕は凡百のテキスト系ギャルベンチャーとは明らかに一線を画していると思います。

ロボットものの呪縛といってもいい冒頭の”三原則”ネタも終盤にばっちり盛り込んであるし、序盤に発せられるゆめみの「わたしは すこし こわれています」というセリフも、終盤になって含蓄を理解できる展開も秀逸です。

割と難解なSF・軍事用語が多めなのは若干気になりますけど、物語の本質に関わるワケでもないので雰囲気で流しても問題なし。シナリオ展開は淡々としていていわゆるストーリーテリングには乏しいですが、徹底的に飽きる前に終わるのでダレた印象はないです。

本作はオリジナルの発表から10年以上経過して、本年アニメ化されました。今月より動画サイトによる配信、9月には劇場公開する予定だそうです。わざわざ劇場へ観に行く(以前に上映している劇場を探すのが大変そうですが(汗))ことはないと思いますが、CSか何かで放送することがあったら是非観てみたいですね。




スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PS2 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/732-7c1db80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード