某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【PSP】『空の軌跡 the3rd』をプレイしています(その5) | main | 【PSP】『空の軌跡 the3rd』をプレイしています(その4)
【PCE】『ハットリス』


日本中が不動産バブルの好景気に浮かれていた1980年代後半、ゲーセンにひっそりと登場した『テトリス』は30年近く経った現在に至るまでフォロワーが生産され続けており、”落ちものパズル”という一大ジャンルを形成する礎となったのは改めて説明する必要はないかと思います。発売当時としても地味な絵面の地味なゲーム性であったが中毒性は極めて高く、若いゲーマーのみならず平日の昼間の外回りで時間を潰すサボリーマンからのウケも良かったように記憶します。

その後、当然ながらコンシューマーにもその勢いは押し寄せ、任天堂の初代GBのキラータイトルとして爆発的ヒットを記録した一方で、アーケード版を手掛けたセガから低迷していたメガドライブの起爆剤として期待された移植版は大人の事情で発売の陽の目を見ることができず、セガ信者の任天堂に対する呪詛の言葉も最後の自前ハードとなったドリームキャストが生産中止となったゼロ年代前半頃まで引きずるぐらい根深いものがありました。

”落ちものパズル”をめぐる当時のゴタゴタにあって、コンシューマ機シェアの鼎の1本を担っていたPCエンジン界隈ではそこのところは割と静観していたというか、単純に興味がなかったのかオリジナル作品といえば携帯用PCエンジンGTの対戦モードに対応した数少ないソフトの『スピンペア』というマイナーゲームがあったぐらいで、セガが対抗して作った『コラムス』や時期は少し後になりますけど『ぷよぷよ』なんかも気軽に移植されていたりして、何となく中立を保っていた感じがします。

そんな”落ちものパズル”の派生形のひとつである本作は、本家『テトリス』の作者であるアレクセイ・パジトノフが手掛けた、いわば正統な亜流。上から落ちてくる同じものを揃えて消すという基本的なゲーム性は変わらないが、アプローチは大きく異なります。

画面下にずらりと並んだ生首の真上から2個イチで落ちてくる”帽子”を載せていき、同じ帽子を4つ揃えて消していく。実際画面を見ても相当シュールな絵面であることは間違いありません。『テトリス』の場合は無機的な空間で気にもならなかったものが、有機的なパーツが画面に入り込んでくるだけで「これは一体どういう状況なのか?」とか余計な想像力が働いてしまうんですよね。

プレイヤーがミスをしない限り延々とゲームが続く『テトリス』と違い、こちらはステージ制で規定の数の帽子を消せばインターバルが発生し、”セール”と呼ばれるボーナスで画面上に残っている帽子のどれか一種類だけ全消しすることができます。ステージが進行すると帽子の種類も増えていき、シルクハットとか矢鱈と嵩の高いものも出てくる為、ここでの選択も重要となってきます。そうして残った帽子は維持したまま、次のステージへと進みます。

『テトリス』同様ステージが進行すると徐々に落下スピードも上がるので、瞬時の判断や素早い操作は当然必要になってくるのですが、基本的に落ちてくる帽子の種類はランダムなので、すべてを効率よく嵌めていくのは不可能なんですね。畢竟、プレイの展開は運の要素に左右されるケースが多くて上達を実感しづらい仕様なんで、根を詰めてもあまり甲斐はないと思います。

今回は「レトロフリーク」を起動した際にふと思い出してプレイしたものですが、数年ぶりにプレイしたにも関わらず取り立てて特に何も感じないまま終わったのでありました


 
→本作を2本用意して、PCエンジンGTを持っているユーザー同士で対戦プレイをしたのって何人ぐらい存在するのでしょうかw


スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PCE | 13:13 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/759-f4e25edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード