某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【DC】『メモリーズオフ セカンド』 | main | 【PSP】『空の軌跡 the3rd』
【3DS】『斉木楠雄のΨ難 史上Ψ大のΨ難!?』


BSアニマックスで昨年から今年にかけて放映されたアニメ版の視聴をきっかけにハマってしまい、勢いこんなキャラゲーにまで手を出してしまいましたw

原作は少年ジャンプに連載中。コミックスは現在21巻まで刊行していますね。

主人公は超能力者の高校2年生。周囲には超能力をひた隠し(…の割に多用してるがw)ながら、目立たず平穏な生活を送りたいという願いとは裏腹に、何故かトラブルに巻き込まれて…というのが基本パターン。いわゆる日常系のスラップスティックコメディです。本作の特徴として、主人公自身が狂言回しの役割を担っていることと、主人公が他のキャラクターと会話をしている描写がないことが上げられます。あとメタフィクション的なネタが多いことかなぁ

誰にも構って欲しくないのにまとわりついてくる”普通じゃない”登場人物たちの本音に心の中で突っ込みつつ、結局は超能力を使って関わってしまう展開が面白いんですけど、何より主人公含め主要なキャラクターたちに本質的にイヤな奴がいないのが魅力的なんですよね。そりゃ人間ですから、皆の注目を常に集める完璧美少女だって腹の中は利己的で他人を見下したりしてるんですけど、同時に弱い部分も曝け出してしまっているワケで、主人公はそんな内面のすべてを理解しつつ段々と周りに感情移入していくのが分かるんですね。他人を避けているんだけど決して人間そのものに嫌悪を抱いているワケじゃない。そのあたりのバランスがすごくいい作品だと思います

本作の発売は昨年の11月なんですけど、当然その時は完全スルー。アニメ版の放映を観るようになって存在に気付いたのが昨年の暮れぐらいだったと記憶します。実はアニメ版には原作にない、本作の発売時期に合わせたステマっぽいエピソードがあるんですが、もちろんそれが購入のきっかけではありませんw

実を言うと、ゲーム自体あまりデキは良くないです。まぁバンナム安定のキャラゲーらしいデキ、といえば大体分かって頂けるのではないでしょうか。そもそも原作ファン以外は興味を持つこともないだろうし、ファンなら許せるレベル?フルボイスじゃないけどキャストはアニメ版準拠ですし、ややデフォルメされたキャラクターも原作・アニメのイメージを大きく損なうものではありません。

体裁は3Dのアクションアドベンチャー。全部で30のミッションのうち25までクリアすればエンディングです。残りはオマケミッションといったところですが、最後に並行世界の自分自身と対決する以外はその他のミッションと大差はないです。

探し物、誰かに見つからないよう逃げ切る等のミッションをこなす為に、サイコキネシス、テレパシー、千里眼、透視、透明化等原作お馴染みの超能力を駆使して情報を集めたり、斉木楠雄の兄、空助が仕掛けた障害を排除したりする必要があります。このミッションは原作をモチーフにしたものからゲームオリジナルのものまで色々ありますが、基本やることは同じです。クリア後も隠しアイテムの捜索とか、一応やり込み要素らしきものもありますが、タイアップ特典等でしか手に入らないものもあるのでプレイだけではコンプできないっぽいですね。まぁゲーム化にあたって基本的なシステムは特に違和感はないです。

マズいのは操作性。キャラクターの移動はアナログ操作で、メッセージ送りや超能力の発動はボタンを使用するのに加え、テレパシーや透視はタッチペンを使用するのですね。時間制限がある場合もあるので、本体を両手で持ちつつ右手にタッチペンを待機させておかないといけないのが結構面倒くさいのと、視点の変更にLRボタンを使用するのが煩雑なんですわ。視点変更は重要な操作で、障害があった場合、相手の攻撃を避けながら超能力を発動するのに必須の操作なんですね。転回のスピードが遅いのでイライラする場面が多々あったのと、透明化(Bボタン押しっぱなし)とダッシュ(Bボタン2度押し後押しっぱなし)の初期設定には大いに疑問が残ります。

ある程度メーカーの技術力を要しますけど、それならタッチペンで移動もさせるぐらいの方が良かったんじゃないですかね?

あとミッションによってすごく時間がかかるものと一瞬で終わるものとの差が激しかったりとか。ミッション途中でのセーブはできないのでアイテムも回収してクリア直前に捕まってゲームオーバーになったりすると結構つらいものがあります。特に中盤のダンジョン攻略はキツかったなぁ…

まぁでも全体の難易度は大したことないと思います。仕様を理解すれば多分誰でもクリアできるでしょう。

数多のキャラゲーの例に漏れず原作ファン以外にはおススメし難い作品ですが、ファンならまぁ買ってもいいかな?アニメ版には出てこない相卜命も登場しますしねw

アニメも続編が決定し、今秋には実写映画の公開も控えていてまだまだ盛り上がりそうな「斉木楠雄のΨ難」は、我が家では二人の子供もハマっており、親子で楽しんでいますw




→原作コミックス以外にこんなんまで買ってしまいました(汗) お気に入りの一曲は「ジャッジメント・ナイツ・オブ・サンダー」ですw

スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| 3DS | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/768-ebbac977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード