某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【XBOX360】『MAFIAⅡ』 | main | 【GBA】『上海アドバンス』
【PSV】『超次元大戦ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャル』


数年前にBSアニマックスで放映された「Hi☆sCoool! セハガール」というショートアニメにハマり、密かにゲーム化を待ち望んでいたところがいつしか月日は流れ、忘れかけた頃に『超次元ゲイムネプテューヌ』シリーズのスピンオフ作品としてPSVitaで発売されて更にしばらく経ち、店頭にて偶然ディスカウントされて並んでいるのを発見して補完してから数か月。ようやくプレイに至って先日トゥルーエンドでクリアしました。

ゼロ年代後半から様々な媒体で展開された「擬人化(美少女化)」ブームは一旦落ち着いた感はありますけどまだまだ有力なコンテンツとして生き残っていますね

一連のブームって擬人化の対象となるモノそのものに造詣が深い層が中心になって盛り上げるというよりは、擬人化コンテンツをきっかけに元ネタとなる対象に関心が集まるケースの方が多いような気がします。キャラクターありきなのは間違いないですが、そこに元ネタの特性や来歴がキャラクターの性格や設定やらに反映されて、知ってる人はより楽しめるというのが特徴ですね

「セガ・ハード・ガールズ」は読んで字のごとく、セガがこれまで発売してきたハードがその元ネタとなっており、古くはロボピッチャ(!)からドリームキャストまで、総勢20名近いキャラクターが存在しますが、本作ではアニメのメインキャラクターであったメガドライブ、セガサターン、ドリームキャストの3人にゲームギアを加えた4人がプレイヤーキャラ。その他のセハガールはメニュー画面でサポートキャラとして登場します

一方、コンテンツとしては先行である「ネプテューヌ」も同じくゲームにまつわる諸々がキャラクターのモチーフとなっているものの、本作の主人公のひとり、アイエフ(アイデアファクトリー)以外は元ネタがよく分からないというか、シリーズ作品もいくつか持ってるんですけど例によって未プレイなんで、実はそんなに思い入れはないんですよね(汗)

それぞれの作品のキャラクターや設定も本作用に改変されているようで、発売元である「ネプテューヌ」シリーズ本編とはまったくの別物と考えた方がいいような気がします。系統は違うものの、良く似たコンセプトの作品同士を無理矢理ミックスした感は否めませんね。他のゲーム作品との一過性のコラボレーション企画でなく、「セハガール」の名前を冠した初めてのゲームということで期待はしていたのですけど、キャラゲーとしては正直イマイチな内容でありました

その理由はもう”シナリオの弱さ”に尽きます。シナリオはミッション形式で進行し、1つのミッションをクリアするごとに拠点となる大図書館に戻って報告を行わないと次のミッションを受注できないシステムとなっています。進行に関わる重要なミッションは「歴史影響度」というメーターで判断できるのですが、その他のシナリオに直接かかわらないミッションも含めてすべてに期限が設けられており、期間内に達成できないとラスボスである”歴史を喰らうもの”のステータスが上昇してしまう厄介なシステムとなっています。期限切れのミッションも進行上ループした際に復活するので特に神経質になる必要はありませんが、実質の1周プレイだけでは全部クリアすることはできません。それらを回収するにはクリアデータから周回プレイをする必要があります

このシナリオミッションのイベント部分で進行していくわけですが、主人公のアイエフとセガミに、バイクに転生したネプテューヌと各時代にそれぞれ存在する女神とセハガールとの掛け合いが中心で、この内容がどうにも評価しづらい部分なんですよね。主人公のひとりであるアイエフは狂言回し的役割でいわばプレイヤー寄りのキャラクター。もうひとりのセガミは空から落ちてきた記憶喪失の少女で、ある使命感をもって行動しているのですがその所以がプレイヤーには分からない。ボケ役の女神、ツッコミ役のアイエフ、トリックスターのセガミにただただ振り回されるセハガール。キャラクター設定により多少の違いはありますが、概ねこういう構成の会話形式で進みます

イベントはフルボイスですが基本は立ち画のみ。シナリオに関する情報よりしようもないやり取りの比重が圧倒的に高く、プレイヤーの感性に合うか合わないかで大きく評価が変わるのではないかと思います。ちなみに私はちょっと苦手でしたw 
ゲームに関するネタやそれ以外の小ネタ(小保方ネタとかグレートマジンガーの歌詞とかw)を見つけるのは楽しいけど、本質的なものとはちょっと違うと思います

イベントシナリオをクリアしていくことで女神やセハガールのコピー体を使えるようになり、更に進めればコピー体に替って本人も使えるようになります。レベルや装備はそのまま引き継げるのは問題ないのですが、戦闘に参加する女神やセハガールはあくまで添え物扱いでイベントには一切関わってきません。そこまではいいとしても、パーティの編成によっては同じキャラクター同士で戦ったりとか、イベントキャラと共闘の流れになっているのに戦闘に参加しないとか、イベントパートと戦闘パートがちぐはぐなんですよね

マップは時代の移り変わりに合わせて多少変化はあるものの基本は使い回し。迷うようなことはないけど変にアクション性を要求される場面もあって、何度もやり直す羽目になるとちょっとイライラしたりします。イベントミッション以外は各時代のマップ上やモンスターを倒して手に入る素材集めや特定のモンスターを規定数倒すといった単純な内容。何処に行けば何が手に入るか教えてくれるのは親切ですけどそもそもシナリオが進行しないと解放されないマップにしか存在しないとか、初回プレイでは絶対手に入らない場合もあるんですね。全部のミッションに時間制限があって複数同時受注はできないので、現状でクリアできないミッションはリタイアしないと次に進めないのも面倒です

1周プレイに要した時間は大体25時間。長いとは思わないけど同じことを何度も繰り返す必要があるので実際の時間に対するテキストの密度は薄いです。何よりセハガール同士の掛け合いが少ないのは私的に残念な点でありました

「ネプテューヌ」シリーズはPS3を始めPSVitaでシリーズ展開していますが、私は未プレイです。セハガールには本家からもっとちゃんとした作品をリリースして欲しいと本作をクリアして改めて思いましたw


  

→本編でないスピンオフ系は本作含め軒並み値落ちしているのが気になるところです

スポンサーサイト

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PSV | 02:09 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/771-a44907d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード