某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

SONYが新型ゲーム機を開発? | main | R-1ぐらんぷり雑感
【SFC】『エメラルドドラゴン』をプレイしています(その3)
承前

キルデールの町に着いた一行は早速情報収集。オヴィングストンの洞窟というところがあって、入口は岩で塞がれているが、中から魔物らしきうめき声が聞こえるらしい。

「調べてみる必要がある」とバギンに言われるまま、オヴィングストンの洞窟に向かう。
情報どおり入口は塞がれていたが、バギンの魔法であっさり破壊。中に入る。
ところが、さっきから様子がおかしいバギン。魔力を使いすぎて気分が悪いとかで、入口付近で待っているとのこと。不審に思いつつも洞窟の探索を進めると、地底湖のような場所に出た。

湖の底に何かいる気配を感じ、覗き込んだハスラムが誤って落ちてしまう。すると、湖面から銀色の龍が顔をのぞかせた。銀龍に助けられた格好のハスラム。一方アトルシャンは、銀龍を「エメラルドドラゴン」と呼びかける。

アトルシャンの言葉に反応する銀龍。アトルシャンは龍族であることを明かすと、銀龍は唐突に語りだす。エメラルドドラゴンは既に死んでいる。イシュバーンに散らばった5つの秘宝、エメラルドグレイスを集めよ。エメラルドグレイスは5匹の龍がそれぞれ持っており、銀龍が作った”銀のうろこ”もそのひとつ。残りは、紫龍の水晶、黄金の牙、黒龍の爪、赤龍の角。

オヴィングストンの洞窟を出ると、愛用していた杖だけを残してバギンの姿がどこにもない。
一旦キルデールの町に戻り再び情報収集。

目撃情報があった酒場のバーテンによると、スローシュの洞窟へ向かったとか何とか。
何故ひとりで向かったのか?謎をはらみつつスローシュの洞窟へ。

オヴィングストンの洞窟と入口はまったく同じ。岩の封印を同じくバギンが魔法で解いた形跡がある。
洞窟内でバギンの書簡を発見、そこには、

・魔導を極めるため、20年前親友と共にオヴィングストンの洞窟に紫龍の水晶を探しに行ったこと
・スローシュの洞窟に隠されていたものが探していたエメラルドグレイスであったこと
・その力を用い、南ダードワの森からナナイの村を苦しめる魔獣ゴーメスを斃しにいく

・・・という内容が記されていた。

後を追おうとするが、南のアーバスの砦は警戒が厳重で通り抜けできない。
一行は再びキルデールの町に戻り、レジスタンスの連絡員をしているというタップじいさんに好物のワインを渡し、レジスタンスのリーダーであるホスロウへの書簡を託した。道具屋で変装用の魔兵のよろいを受け取り、アーバスの砦に潜入。首尾よく通り抜けられる・・・と思いきやギリギリでバレてしまい、結局見張りを斃し、大急ぎで逃げ、ホスロウの居るフウォーウィーの町に到着・・・というところで次回に続きます。


エメラルドドラゴンエメラルドドラゴン
(1995/07/28)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| 2009年のプレイ日記 | 11:55 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/82-49f4ed62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード