某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

最近ちょっとお疲れ気味 | main | 【SFC】『エメラルドドラゴン』をプレイしています(その4)
【SFC】『ウルトラマン』
某SNSで書き散らした記事に加筆して転載します。

-----------------------------------------------------------------------------

デジタルウルトラシリーズというレーベルで、旧作はほとんどDVD化されているのですけど、最近週一本のペースで廉価版の発売が開始されたのですね。

現在のところ「ウルトラQ」全7巻は発売済み。先週から初代「ウルトラマン」の発売が開始されました。

既発売のものについては「ウルトラQ」「帰ってきたウルトラマン」全13巻と「怪奇大作戦」全6巻は持っていて、その他の作品についてはビデオ録画が残っていたりで今更感があって購入しなかったのですが、今回1800円というバンダイビジュアルにしては破格の値段設定でありましたので、この際揃えておこうかなとまたぞろ蒐集の虫が騒いでいる次第w

その記念というワケではないですが、今回ご紹介するのはSFC初期のアクションゲーム、その名もズバリの『ウルトラマン』であります。

今冷静に振り返ってみれば、本作はそう良くできたゲームというわけではないような気がします。

横画面にて、プレイヤーはウルトラマンを操作し、1ステージ1体の怪獣を倒す、ただそれだけのゲームです。

ゲームとしての本作のキモは、怪獣の体力ゲージを0にするだけではダメだという点。最後は必ず必殺技で決めなければならないのですね。

怪獣の体力ゲージは放っておけばどんどん回復していくので、タイミングを誤ると、次の必殺技を放つために再度エネルギーを溜めなければならず、3分間の時間切れになったり、その間にやられてしまったりする可能性が高くなります。

実際にプレイしてみれば、ただ面倒なだけなんですけど、劇中の設定をうまくゲーム性に昇華した好例といえるのではないでしょうか。少なくとも説得力はあったと思います。

ただし全体を通しての難易度バランスの悪さ、操作系に難があったりと、繰り返しになりますが私は本作をゲームとしてはあまり良いできだとは思っていません。しかし本作はキャラクターゲームのひとつの転換期として重要な位置付けにあるのではないかと考えています。

まずはその再現力。

タイトルの効果、SE、ボイス、一辺倒でない原作準拠の演出など、キャラゲーはク●ゲー(特にバ●ダイ製)というFC時代の固定概念を覆すほどのビジュアルパワーを発揮したこと。

もうひとつは、当時の作品のほとんどが「アーケード→家庭用」の流れであったものが、本作に関してはほとんど同時期の発売であり、しかも一部ステージがカットされている以外、見た目ほとんど遜色なかった点であります。

プレイヤー同士の対戦要素こそありませんが、本作の基本的なプレイスタイルは『ストII』のそれであると言えます。

これでゲームそのもののデキがよければ、あるいは・・・というのはファンタジーとしても、前後関係は不明ながら、発売時期から鑑みて『ストII』の安易な模倣とは考えにくいです。
この点は、オリジナリティという意味においても評価していいのではないでしょうか。

後に、数年という時間が経過していたにも関らず、大したゲーム性の練りこみを行わずに安易に作ってしまった続編『ウルトラセブン』の存在と、販売元は違うといえ、後発のクセに大幅にパワーダウンしたMD版のせいでゲームそのものは陳腐化してしまいましたが、本作の存在が後の「ファイティングエボリューション」シリーズなどに繋がっていったことは間違いありません。

少なくとも私にとっては、キャラクターゲームというジャンルの、新しい可能性を感じさせてもらった一本でありました。


ウルトラマンウルトラマン
(1991/04/06)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る


黒歴史w
ウルトラマン MD 【メガドライブ】ウルトラマン MD 【メガドライブ】
(1993/04/09)
不明

商品詳細を見る


ウルトラマン Vol.1 [DVD]ウルトラマン Vol.1 [DVD]
(2009/02/18)
小林昭二黒部 進

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:懐かしのゲーム - ジャンル:ゲーム

| SFC | 11:46 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://kageotk.blog77.fc2.com/tb.php/88-958194e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード