某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

ニンテンドースイッチ発売


もう先週の話で今更なんですが、任天堂の新ハード「ニンテンドースイッチ」が発売されましたね。

週末に地元のGEOを覗いた時は本体は売り切れ、ソフトも『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』も売り切れでした。

ローンチにソフトの頭数を揃える戦略は任天堂のお家芸ですが、今回はやや少な目。サードパーティのローンチタイトルは他機種で発売済みのタイトルが中心で新味はありませんでした。

それにしてもファミコン時代から単独で存続している数少ない老舗メーカーであるはずのコナミのやる気のなさはどうしたもんだろうか。新作といってはウイイレかパワプロ、または旧ハドソンの看板タイトルの焼き直しだけではあまりにも寂し過ぎる…って実際やる気もないんだろうけどね。今回のボンバーマンだって付き合いで嫌々出してる感が半端ないもんな。もういっそのこと版権ごとゲーム事業を売りとばして撤退すればいいのに。

それはともかく、公式の発表から程なくして発売された新ハードですが、世間的に盛り上がっているのかいないのかイマイチよく分かりません。個人的にはハード発売後一年間縛りのマイルールに則り、当面購入の予定はありませんがよく考えたらWii Uを買ったのは去年の話だからね。まぁ私の動機も初代Wiiが壊れかけていて完全互換だから購入したわけで、積極的にWii U専用ソフトをプレイしたいからってワケじゃなかったからなぁ…っていうか最初から晩年までソフトが全然発売されないっていう印象しかないよね。スイッチの今後のラインナップをみてもサードパーティには期待できそうもないし、Wii Uの二の轍を踏む未来しか見えないというのが正直なところです。

「ニンテンドースイッチ」最大のウリはやはり携帯機としても使えるという点なんだろうけど、据え置き機としての位置づけと3DSとの棲み分けがどうなるのかが今の情報からはまったく不透明。携帯機としては少なくともPSVitaを超えなければ後発の意味はないだろうし、仮にそちらに寄せたところで据え置き機として箱1やPS4の性能を超えられるとは思えない。要するに軸足が定まっていないような気がするんだよね。何もかも中途半端。何ができないってことはないんだろうけど、コレでしかできない”何か”が見当たらない。じゃあそれぞれの特性に特化していて目ぼしいものはマルチで展開しているPSVitaとPS4でいいんじゃねぇの?ってことになる。

そうなると「ゼルダ」や「マリオ」といった任天堂の看板タイトルが遊べるという一点にしか優位性がない=Wii Uと同じという理屈になるよね。結局のところサードパーティをないがしろにして見放された「ニンテンドー64」以来の歴代ハードからまったく学んでいないとしか思えないんだよなぁ…

コントローラーのガジェットは面白いと思うけどインターフェースとして優れているとは思えないし、かつての「Wiiリモコン」のようなインターフェースからゲームを変えるようなマインドもパワーも感じられないとくれば、このハードの存在意義って一体何なの?って話。

いきなりネガティブな予想も何なんですけど最新のゲーム事情にまったく付いていけてない周回遅れのジジィゲーマーの戯言として軽く聞き流していただければ幸いです。



→こっちを購入予定です。いつになるかは分かりませんが

テーマ:Nintendo Switch - ジャンル:ゲーム

| ゲーム徒然 | 17:54 | トラックバック:0 | コメント:0
【PSP】『空の軌跡 the3rd』をプレイしています(その3)


第三話 金の道、銀の道

封印石からクローゼが召喚されたことでパーティメンバーは全部で8人になりました。丁度半分に到達した感じです。

さてさて、いつもの状況説明のやり取りがあって第三星層を攻略する前にヨシュア君とクローゼが揃って入れる星の扉に向かいます。前作の浮遊島騒動が終息してグランセル城での祝賀パーティーの場面。まだ召喚されていないキャラクターも含め、オールスター出演です。前作の主人公、エステルは本作ではここが初登場ですね。

本作の基本選抜メンバーは4人なんですが、主人公であるケビンとリースは固定されているのでその他2名しか選択できません。
キャラクターの好き嫌いや戦略スタイルによってベストメンバーは人それぞれだと思うのですけど、ある程度偏りが生じてしまうのは致し方ない仕様だと思います。しかも全部で16人も居ますしね。

本編はそんな偏りを是正する為のシナリオです。表題の通り、第三星層のMAPは”金の道”と”銀の道”の二手に分かれており、理由は忘れたけどゲームの時間軸的に同時に踏破する必要があるらしいです。

…ということでケビンをリーダーとする金チームとリースをリーダーとする銀チームに分かれて攻略します。勿論プレイヤー視点で同時に進行することはできませんから、金→銀の順番となります。

私の選抜は、

・金チーム…ケビン、ヨシュア、ミュラー、ティータ

・銀チーム…リース、ユリア、クローゼ、ジョゼット

元々女性比率が高いのですが、図らずも銀チームは女性オンリーの構成となってしまいました。振り分けた時点ではベストバランスだと思っていたのですが、後々考えると金チームに比重がかかり過ぎていたのかな、と。それぞれのルートの最後にはボス戦で締めくくるのですが、銀チームがかなり手こずったんですよね。デススラッガーっていうチャリオットみたいな敵が5体出てくるのですが、待機時間ナシで繰り出される「冥界4連砲」を喰らうとHPがMAXの状態でも瀕死or即死。チャリオッツダッシャーを喰らうと確率で即死という攻撃を序盤で連発されると全滅は必至という運ゲーム状態で、何度目かの挑戦でやっとこ倒すことができました。攻略のポイントとしては「クロックダウン」でスピードを落し、行動回数を減らすことが必須。あとはクローゼのクラフト攻撃で単体の防御力、攻撃力を下げてクラフト攻撃を交えながら攻撃を集中し、1体づつ確実に処理することで大分楽になります。

ここまでシナリオボス戦はすべてギリギリの戦いを強いられているので先が思いやられます…

金ルート、銀ルートをそれぞれクリアして2つ封印石を手に入れたところで次回に続きます


テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2017年のプレイ日記 | 00:00 | トラックバック:0 | コメント:0
【PS2】『スーパーロボット大戦MX』


PS2版『スーパーロボット大戦MX』をクリアしました。

昨年11月からプレイを始めて3カ月余り。1月中にはクリアできるかな~と甘い見通しを立てておったところが気付けば2月も半ばを過ぎているというね。この間新しいハードを2つも導入したのにいずれもまったく手付かずであったのはそういう事情であります。

シリーズ作品としては2年ほど前にNDSの『スーパーロボット大戦W』をクリアして以来。やっと消化できたと思ったら直近で新作の発売も控えてるっていうじゃない。本作以前のシリーズ作品もまだまだ積んでるし、クリアにかかる労力が半端ないからインターバルも必要だしで、多分、いや確実に追いつくことはないと思います。

実は据え置き機のシリーズ作品には軽いトラウマがあって、本作の系譜にあたる前作の『スーパーロボット大戦IMPACT』を90話以上進めながら頓挫させてしまったりとか、もっと遡るとSS版『スーパーロボット大戦F完結編』でバグによるメモリー破壊攻撃を喰らったりとかがあって中々プレイする覚悟ができなかったんですよね。そんな大層なと思われるかもしれないですけど、実際限られた時間を使うなら気持ち良く終わりたいじゃないですか。本来であればPS版を買い直した『スーパーロボット大戦F』に着手するのが筋なんですけど、特に後半の難易度が厳しいので躊躇しておったところ、シナリオが単独で完結していて難易度も低いと評判の本作に白羽の矢を立てたというのがプレイまでの経緯です。

本シリーズはSFC版『第3次スーパーロボット大戦』から始めたのですが、”複数のヒーローが共闘する”という個人的に一番萌えるシチュエーションに加え、PS以降は本物の声優がセリフを喋るという俺得進化を遂げ、近作では演出は増々派手になっていった反面、登場するキャラクターが段々と知ってる作品より知らない作品の方が増えてきたというのも直感的に手を付けづらくなっている要因でもあります。

本作に登場する作品は、

マシンロボ クロノスの大逆襲
新世紀エヴァンゲリオン
THE END OF EVANGELION
☆GEAR戦士電童
機動戦艦ナデシコ
☆劇場版 機動戦艦ナデシコ
機動戦士Ζガンダム
機動戦士ガンダムΖΖ
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
機動武闘伝Gガンダム
☆機甲戦記ドラグナー
マジンガーZ
グレートマジンガー
UFOロボ グレンダイザー
劇場版マジンガーシリーズ
ゲッターロボ
ゲッターロボG
★冥王計画ゼオライマー
闘将ダイモス
勇者ライディーン
★ラーゼフォン
バンプレストオリジナル

<Wikiより引用>

この内リアルタイムで観賞していた作品はG除くガンダム系全部とダイナミック系全部、あとドラグナーにダイモスとライディーンってところですかね。単純に過半数は超えてるので十分許容範囲といえます。まぁ知らない作品もスパロボきっかけで興味を持って観るようになった作品もあるし、実のところそんなに問題じゃないんですけどね。

本作をしてシリーズ入門編ともいわれる所以は、援護攻撃に合体攻撃を絡めた超強力な味方ユニットの存在が相当数揃ってるということ。後者は特定のユニット同士を隣接させると単独では出てこない強力な攻撃ができるというシステムなんですけど、援護攻撃でも発動するので、上手く配置すれば割と序盤でも一撃で大ダメージを与えることが可能になっています。やっぱり皆主人公なんだからしょうもない雑魚相手に苦戦するなんてストレスが溜まるだけじゃないですか。群がる雑魚を蹴散らして気力を溜め、ボス級の敵には必殺技の連発で沈める。この基本的な手順をストレスなくできるというのが本作の最大の醍醐味となっています。あとシリーズ作品でありがちだった初期配置の敵をある程度片付けるとどこからともなく増援が出てきて萎えるとか、本作でもまったくないワケではないですけど感覚的に少なかったように思いました。このあたりのバランスが非常に易しいんですよね。

インターミッションにおけるキャラクター同士の掛け合いが冗長なのは色んな世界観が混在する以上やむを得ない部分はあるのですが、本作もその例に漏れることはありません。本編のシナリオに大きく関わっている作品は「新世紀エヴァンゲリオン」「ラーゼフォン」に「勇者ライディーン」にオリジナルキャラクターが絡んでくるという感じですかね。その他の作品についてはそれぞれの本編が終わった後、という設定になっているので一部の敵キャラクターが出てくる「冥王計画ゼオライマー」「GEAR戦士電童」「機甲創世記ドラグナー」「機動武闘伝Gガンダム」あたりは本シナリオにも密接に絡んでいるものの、例えばその他のガンダム系なんかは味方以外のモビルスーツすら出てきません。このあたりは作品のファンによって賛否は分かれるところですかね。

「ラーゼフォン」なんかは名前ぐらいしか知らなくて「エヴァンゲリオン」との劇中専門用語が行き交う掛け合いは正直ワケが分かりませんでしたw でも分からんなりに「勇者ライディーン」との相似や「ラーゼフォン」のキャラクターがテキストだけじゃない声付のセリフで”ライディーン”に言及してたりとか、ちょっとした驚きはありました。本編を観てないので断定はできないんですけど、シナリオに関しては非常に上手くコラボレーションできているような気がします。反面、自分の名前を冠したオリジナル主人公の存在感が薄いのですが、あまり出しゃばり過ぎるのはそれはそれで鬱陶しいし、このぐらいが丁度良いのかもしれません。

全55話のシナリオは同じPS2の『~IMPACT』が長すぎる(全101話!)という意見と『~スクランブルコマンダー』が短すぎる(全22話)という意見の中間を採った形ですね。私的にはもう少し短くてもいいかなと思うのですが、以降のシリーズも大体このあたりのボリュームで落ち着いているような気がします。

難易度は低いといいながら、終盤のステージともなってくるとそれなりに戦略を立てないと厳しい場面もしばしば。”螺旋城”という中盤のボスキャラが増援で何体も出てくる上にHP10万超えのボスキャラを2層になっている別MAPのボスキャラと同一ターンで撃破しなければならない縛りがある第52話、HP自動回復(大)スキル持ち、ATフィールドで一定の攻撃力以下無効の強敵”EVA量産型”が序盤に配置されていて気力溜め用の雑魚キャラが居ない第54話はまともにプレイすれば苦戦は必至です。

これは私が原則戦闘シーンをスキップしないというプレイスタイルと無関係ではないですが、以外のステージでも攻略に2時間以上かかる場合も多く、戦闘結果によるリセットとの合わせ技で必要以上に時間がかかってしまったことは否めません。…実は投げ出す一歩手前だったんですよね(汗)でもこれを投げてたらもう「スパロボ」シリーズはできないんじゃないかという不安を克服できたのは良かったと思いますw


次に何をプレイするのかは未定ですが、箱1かPS4かどちらかでチョイスするつもりです。


  

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PS2 | 16:16 | トラックバック:0 | コメント:0
【PSP】『空の軌跡 the3rd』をプレイしています(その2)


第二話 異界化王都

謎の「黒騎士」との邂逅により、今回の事件は何者かが仕組んだことであること、ケビンとその旧知の人物を巻き込んで何かをさせたがっている者が存在することが明らかとなった。いずれにしても先に進むことしかできない一行は「翡翠回廊」の最奥部から新たな場所へと転送される。そこは何と王都グランセルの中であった。

しかし王都には人っ子一人おらず、街の雰囲気も何となく違和感を感じる…その原因は王都と外界を隔てる禍々しい門の存在であった。街中を探索するも、導力通信は使えずどの建物の中にもやはり誰も居ない。あまつさえ街中の至る所に魔獣が徘徊し、ケビンたちを苦しめる。しかも街区を隔てるアーチはところどころ結界で塞がれている。またしても”試練”をクリアしないと先へは進めないということか。

街中の探索を一通り終えてグランセル城に入ると、城門を守る甲冑の魔獣と戦闘に!倒したところで東街区への結界が消え、更に探索を進めて行く。背景は変われど、前回とやってることは基本的に同じですよね。

東街区にある帝国大使館に入ると、先ほどのグランセル城同様、結界を守る敵との戦闘になります。ここで出てくるダークブレイドという忍者っぽい敵キャラはまぁ雑魚なんだけど、”朧”という技には要注意。確率だが即死効果があるので、ハマるとあっさり全滅します。リースかユリアのクラフトで確実にキャンセルすればそんなに苦戦することはありません。

ダークブレイドを倒すと例によって「封印石」が手に入ります。拠点に戻り、今回召喚されたのはエレポニア帝国の軍人にしてオリヴァルト皇子のお目付け役のミュラー少佐。状況説明は端折って皆で協力しようって流れになるのですが、ちょっと待て。今作では全部で16人のキャラが使えるんだよね?っつーことはあと10回もこの件を繰り返すってことか?まぁ予想はしてたけどね…

ミュラー少佐を召喚したことによって今度は西街区への結界が開放されたので、更に探索を進めます。果たして、西街区から行ける波止場に、カプア一家の山猫号が停泊しているのを発見しますが、案の定中身はもぬけの殻。でもブリッジで「封印石」を見つけたので拠点に持ち帰って早速召喚。予想通りジョゼットが召喚されました。

その後、開放されたグランアリーナにて武闘大会よろしく魔獣との3本勝負を制し、7つ目の「封印石」を手に入れて召喚されたのは前作の主人公のひとりヨシュア君。彼を召喚したことによりグランセル城内に入れるようになるのですが、ここでは固定のケビン・リースに加えてユリアが必須となります。城の奥、謁見の間からテラスに出たところで、石碑を通じて語りかけてきたと思しき女性の幻影が現れ、城の宝物庫の鍵を受け取ります。そこから地下遺跡へとエレベーターで降りるのですが、ここでも再び違和感が。城の地下に封印されていた遺跡の構造が以前とはまるで異なっているのだ。

地下遺跡で待ち受けていたのは”影の王”を自称する仮面の人物。黒騎士同様、ケビンたちのことは良く知っている口調。同じパターンなので驚きは少ないですね。黒騎士共々ネーミングのダサさはいただけませんが、以外に早い段階でお目見えしたことで、ラスボスではなくフェイクのような気がします。

第二話を締めくくるボスのロストルムはかなり手ごわく、この作品の特徴としてレベルを上げまくってゴリ押しする戦法は通用しないので、できるだけ効率よくダメージを与えつつ、戦闘不能にならないようケアする必要があります。最後の選抜メンバーは新参のヨシュアにして取りあえずレベルを104にまで上げ、オーブメント含む準備を万全に整えてようやくギリギリ勝つことができました。あんまりあっけなく倒せても興ざめなんで、このバランスは絶妙だと思いますね。

さてさて、何とかロストルムを倒して手に入れたのは8番目の「封印石」拠点に戻り、クローゼと鷹のジークを召喚したところで次回に続きます


テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2017年のプレイ日記 | 14:56 | トラックバック:0 | コメント:0
【PSP】『空の軌跡 the3rd』をプレイしています(その1)


第一話 影の国

方石の発する光に包まれ、意識を失くした星杯騎士のケビンとリースが目を覚ますと、そこは見たこともない異様な空間であった。目の前にあった巨大な書架には古の稀覯本から最新のグルメ本まで混在しており、最近に何者かが出入りしていることは間違いないと結論づけるも、その他のことはさっぱり分からない。

慎重に探索を進めると、大きな石碑と大樹と泉、それに結界のようなものを発見する。ところへ方石を通じて2人に語りかける何者かの声。石碑は宿・工房・装備関連の店機能を備え、大樹は食材の店、泉はCPの回復ができるようになった。余りにもご都合主義が過ぎるなぁと思っていたら、ケビンも作為的な意思を感じる、とか言って”声”の主が自分たちに何かをさせたがっていると解釈し、取りあえずそれに乗っかって先へ進むことを決意する。

パートナーとなるリース嬢は星杯手帳やレシピ帳といった基礎アイテムをケビンに渡し、ようやく冒険の準備が整ったというところ。一通り装備とクォーツを整え、消えた結界の先へ進むと「翡翠回廊」と呼ばれる場所にやってきた。そこで初めての敵と遭遇し、何とか退けるものの、地上では見たこともない魔獣に戸惑う。ここにも結界があるが、現状で行けるところにはすべて行ってからもう一度拠点となる「隠者の庭園」に戻ると、またもや”声”が聞こえ、課題をクリアすることで更に先へ進めるようになることを知る。

再び「翡翠回廊」へ向かうと、果たして先にあった結界が消えている。進んだ先には輝く封印石があり、ケビンが方石を石碑にかざすと、そこから現れたのはラッセル博士の孫娘、ティータであった。取りあえず意識を失った状況から、ケビンたちとほぼ同時刻に遭遇していることが判明する。ティータを仲間に加え「翡翠回廊」の探索を進めると、結界とは異なる「月の扉」と呼ばれるものを発見。条件に合う者を連れていないと先へは進めないらしい。勿体付けた言い方をしているけどここでの該当者はティータ以外考えられず、意を決してひとりで扉をくぐる。するといきなりのボス戦!どうやらこれがティータに課せられた試練ということらしい。単独での戦いはキツイが、敵の攻撃パターンを見切ってしまえばそんなに難しくはありません。無事試練を超えたティータには、過去の記憶をそのまま追体験することになります。前作の終了から両親が帰国し、「身喰らう蛇」に対抗する為の新兵器を開発するところでケビンたちの下に戻ってきたティータ。どうやら続きがあるようだが今回はここまでらしい。

もう一度拠点に戻るために方石を使うと、はるか先にリベール王国親衛隊専用の戦艦「アルセイユ」の姿を発見。新たに開かれた結界の場所を抜け、アルセイユ艦内を調査するももぬけの空。ブリッジにあった封印石を回収し、方石を石碑にかざすと予想通り現れたのは王国軍親衛隊長のユリア中尉であった。ティータの時と同じく、光に包まれて意識を失ったとのこと。姿を消したアルセイユの乗組員を心配するユリアは、もう一度無人のアルセイユを確認するとまた新たな結界が解ける。

先へ進むと新たな中継地点となる石碑を発見し、更にその奥へ行くとボス戦に遭遇。2度のフォームチェンジで最終形態の全体攻撃が非常に強力。クラフトを使用するタイミングを誤って本作で初めて全滅しました。再戦では序盤の2形態ではクラフトを温存し、四隅で固定されているマーライオンみたいな雑魚を先に片付け、最終形態でクラフト攻撃を集中して倒しました。うーん…ここまでで何となく前作のカンみたいなものは戻ってきたように思ってたけど、雑魚戦はともかく先の見えないボス戦は苦労しそうです。

キャラクターのレベルは前作からの引き続きということで全員90オーバーからのスタート。装備もクォーツも一旦リセットされているのでイマイチ強くなった感を感じられないんですよね(汗)まだしょぼいクォーツしか持ってないから強いアーツもセットできないし、まだまだ慎重に進める必要がありそうです。

何とかボス戦をくぐり抜けると、そこに現れたのは先のリベールで遭遇した謎の「黒騎士」容姿は何となく見覚えがあるが、どうやらこの茶番を仕組んだ張本人であることは間違いなさそう。…にしてもメンバーの過去含め、よく知ってるような口ぶりが気になります。伏線っぽいリースの姉のこととかね。

謎の黒騎士を見送ったところで次回に続きます


テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

| 2017年のプレイ日記 | 11:31 | トラックバック:0 | コメント:0
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード