某所からの避難場所・・・。何も考えていない迷走必至のblog

影男のゲヱムと手袋

【NDS】『レイトン教授と不思議な町』


現在もキャラクターを変えて展開している「レイトン教授」シリーズの第1作目、初代DSの『レイトン教授と不思議の町』をクリアしました。発売当初は週一で新しい問題をDLできたみたいですけど、現在は初代DSのネットワークサービスは終了していますので、ソフトに収録された全135問のみプレイが可能です

初代DSだけでも本作を入れて4本シリーズ作品が発売され、登場キャラクターを一新した最新作も発売されたということで、今回が私的にはシリーズ作品初挑戦となります

一昔前の作品とはいえ、初代DSを代表するソフトのひとつとして現在でも人気は高く、中古でも¥1000以下で売ってることはあまりないです。本作含む初代DSの4本は購入済みで、あと3DSで『逆転裁判』とコラボしたスピンオフ作品も所有しています。3DSのシリーズ作品2本はまだ購入していません

「ナゾトキ×ストーリー」というコピーでアドベンチャーゲームのような体裁となっておりますが、このゲームに収録されている”ナゾ”はシナリオとは関わりなく、実際はパズルゲーム集といった方がしっくりしますね。初代DSの初期に一大ブームを巻き起こした「脳トレ」の要素を多分に含んでおり、「頭の体操」ほか多数の著書がある多胡輝先生(故人)が問題を監修されていて、問題の完成度は概ね高いです。文字や数字の記入だけでなく、線を引いたり点を結んだりとNDSのタッチペンというインターフェースを活用してバラエティに富んでいますね

元々こういうパズルは得意とまで言わなくとも嫌いではないんですけど、年齢を重ねていくにつれ柔軟性がなくなってきているのを痛感します。大雑把な感触で初見で解けた問題が大体4割。ヒントを使って解いた問題も大体同じくらい。あとの2割はどう考えても解けなかった問題または考えるのが面倒になった問題という構成比で、延べのプレイ時間は大体10時間といったところ。飽きる前に区切りがついたのでよかったです

ところどころで挿入されるムービーは画質は初代DSなりで粗いですが、クオリティは高いです。声のキャスティングに関しては何とも言えませんけど、レイトン教授のキャラはちょっと弱いかな?不思議な町の住人の方が余程キャラが立っているような気がします

ゲームとして面白いかどうかは別として、老若男女問わずちょっとした時間で頭を使ってみるのはボケ防止にも効果があるのではと思ったり。普段こういう頭の使い方をしていないので、今更ですけど個人的には楽しめました。続編も忘れた頃にプレイしてみたいと思います


  

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| NDS | 17:17 | トラックバック:0 | コメント:0
【XBOX360】『MAFIAⅡ』


箱〇版『MAFIAⅡ』を難易度ノーマルでクリアしました。収集系の実績や特定アクションの累積実績等意識せずに解除したもの以外は基本無視しています

本作は『グランド・セフト・オート』(以下GTA)シリーズのヒット以降、ハードの表現能力の向上と共に様々なフォロワーが登場した同ジャンルに属しますが、本家GTAシリーズと比較するとシナリオ寄りというか、体裁はオープンワールドなんですけど意外と自由度は低いです。その割には舞台となる架空の街エンパイア・ベイの作り込みは半端ではなく、約70年前のアメリカの街並みが圧倒的な説得力を生み出していますね

本編は常に主人公であるヴィト・スカレッタの視点で進行していきます。幼い頃、家族と共にアメリカに移民してきたが、アメリカンドリームとは程遠く苦しい生活が続く。港で働く父の稼ぎは少なく、その少ない稼ぎも父親の酒代にほとんど消えていき、泥酔した挙句借金だけを残して父親は死んでしまいます。

当然のようにやさぐれ、悪友のジョーと共にケチな犯罪行為を繰り返し、遂には当局に捕まってしまいます。刑務所行きの代わりに軍務に就くことを余儀なくされたヴィトは、故郷であるシチリア島に上陸するハスキー作戦に現地通訳も兼ねて参加。反ファシストの現地マフィアの支援を受けて作戦は成功。負傷はしたが、勲章を得て一時帰国の運びとなり、港に迎えに来ていた悪友のジョーと数年ぶりに再会する。

ジョーはヴィトに「軍に戻らなくてもよいように取り計らう」代わりに、自分の仕事を手伝って欲しいと持ちかける。彼の帰りを待ちわびていた年老いた母と姉はジョーとの付き合いに良い顔はしなかったが、ひょんなことから父親の残した借金がまだ返済されておらず、姉が脅されていることを知り、一も二もなくジョーの誘いに乗ることを決意する…


ストーリーの導入部分はこんな感じ。私もそんなにマフィアものの映像作品を観たわけではないけど、多分その手のジャンルではベタな生い立ちにベタな展開だと思いますw

転機が訪れるのは、政府から支給されるガソリン券を強奪して換金する仕事を請け負ったところが、当局へのタレコミのせいで逮捕され、懲役10年の刑を言い渡されて刑務所に服役することになってしまってから。刑務所で出会ったレオという実力者に気に入られて刑期も短縮してもらうが、塀の外に出てみれば年老いた母親は失意のうちに亡くなっており、姉も結婚して別の人生を歩んでいる。結果、服役中も何かにつけてヴィトを気にかけてくれたジョーを頼り、ますます裏の仕事にのめり込んでいく

主人公のヴィトは元々根っからの犯罪者気質ってのもあるけど、家族思いである反面、感情的になって暴力に走り、他人を殺すことに何の躊躇もないのはいかにゲームの中の仕様とはいえ、合わない人には合わないだろうと思われる

服役後、いくつかの仕事をこなして理想の生活を手に入れたヴィトであったが、対立するアイルランド系の犯罪集団に狙われ、せっかく手に入れた自宅を燃やされてしまう。辛くも難を逃れて着の身着のままジョーに助けを求めるヴィト。きっちり落とし前をつけたものの、またも無一文に逆戻りしてしまったヴィトはますます危険な仕事に手を出すようになる

まぁはっきり自業自得なんだけどちょっと可哀そうではあるよねw それにしても全財産をタンス預金で保険も入ってないというのは不用心というよりリスクヘッジがなってないんじゃないかなぁ?おかげでジョーの趣味の悪いシャツを着る羽目になって不機嫌なヴィトはちょっと可愛いです。

このゲーム、全15章からなるんですけど、各章の初めは大体ベッドで寝ていて、誰かが訪ねてきたり電話で起こされて呼び出されるってパターンから始まるのですが、そこから指定場所への移動とか、全部端折ることなく実際に行かなければなりません。服を着替えて外に出て、ガレージから車を出して運転する。普通の生活(彼の場合は全然普通じゃないけど)なら当たり前のこれらの行動はゲームとしては時に冗長に感じてしまう部分ではあるが、本作ではリアルに作り込まれた町並みのおかげであんまり苦にならないんですよね。むしろそれが自然、みたいな?

まぁ車はタイムズのカーシェアより気軽にそこいらに路駐してる車を盗むことができるし、悪事が見つかって警察に追いかけられたとしても安月給じゃ割に合わないと思っているのかそんなに執拗に追ってこないw 強盗してるのに服を着替えたら指名手配が解除されるのはチョロ過ぎるw どんだけ仕事の手を抜いてるんだって話ですよ。でもある一定のレベルを超えると街中で一般人が廻りに多数居ようが平気で銃をぶっ放してくるので油断はできないんですけどね

NPC同士が勝手に交通事故を起こして口論していたり、NPCの車に追突したら怒って出てきたり、キャラクターのパターンは少ない(特に子供があまりいない)ものの、生活感は出ています。実際、訪れることができる施設というのはイベントに関わるものを除けば、飲食店とガソリンスタンドと服屋とガンショップと車の修理工場ぐらい。それも進行上立ち寄る必要ってほとんどないんですよね。服もバリエーションは少ないし銃弾も戦闘中に拾えるので店で補充する必要もない。飲食で体力が回復したりするのですがわざわざ使わなければならない場面は少なかったような?拠点となるヴィトの住まいはシナリオに準じており、カスタマイズの要素はありません

やり込み要素として屋内のプレイボーイピンナップ回収と屋外の指名手配書の回収がありますが、攻略サイト等を活用して最初から狙っていかないと1回のプレイですべて回収するのは難しいと思います。プレイボーイのピンナップは実際の金髪プレイメイトのヌード写真が使われていますが、Z指定でも肝心な部分にはモザイクならぬ黒塗りで豪快に修正済みですのであまり有難みはありません

そこそこイケメンなのに真っ当に働けない難儀な性格で、周囲に巻き込まれた挙句に貧乏くじばかり引いている感のある主人公のヴィト。続編にも登場するらしいのですが、あのモヤモヤする終わり方からどういう状況になったのか興味はありますが連続でプレイするのはちょっとしんどいので暫くインターバルを置きたいと思います。終盤の戦闘は中々ハードでしたが、私的には丁度良い難易度とボリュームでありました。現在DLコンテンツが停止している為、どっちにしても全実績解除は不可能なのでやり残し実績を回収せずに一旦プレイを終了したいと思います。いいゲームでした


 

→続編も箱一版で購入済みです

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| XBOX360 | 11:11 | トラックバック:0 | コメント:0
【PSV】『超次元大戦ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャル』


数年前にBSアニマックスで放映された「Hi☆sCoool! セハガール」というショートアニメにハマり、密かにゲーム化を待ち望んでいたところがいつしか月日は流れ、忘れかけた頃に『超次元ゲイムネプテューヌ』シリーズのスピンオフ作品としてPSVitaで発売されて更にしばらく経ち、店頭にて偶然ディスカウントされて並んでいるのを発見して補完してから数か月。ようやくプレイに至って先日トゥルーエンドでクリアしました。

ゼロ年代後半から様々な媒体で展開された「擬人化(美少女化)」ブームは一旦落ち着いた感はありますけどまだまだ有力なコンテンツとして生き残っていますね

一連のブームって擬人化の対象となるモノそのものに造詣が深い層が中心になって盛り上げるというよりは、擬人化コンテンツをきっかけに元ネタとなる対象に関心が集まるケースの方が多いような気がします。キャラクターありきなのは間違いないですが、そこに元ネタの特性や来歴がキャラクターの性格や設定やらに反映されて、知ってる人はより楽しめるというのが特徴ですね

「セガ・ハード・ガールズ」は読んで字のごとく、セガがこれまで発売してきたハードがその元ネタとなっており、古くはロボピッチャ(!)からドリームキャストまで、総勢20名近いキャラクターが存在しますが、本作ではアニメのメインキャラクターであったメガドライブ、セガサターン、ドリームキャストの3人にゲームギアを加えた4人がプレイヤーキャラ。その他のセハガールはメニュー画面でサポートキャラとして登場します

一方、コンテンツとしては先行である「ネプテューヌ」も同じくゲームにまつわる諸々がキャラクターのモチーフとなっているものの、本作の主人公のひとり、アイエフ(アイデアファクトリー)以外は元ネタがよく分からないというか、シリーズ作品もいくつか持ってるんですけど例によって未プレイなんで、実はそんなに思い入れはないんですよね(汗)

それぞれの作品のキャラクターや設定も本作用に改変されているようで、発売元である「ネプテューヌ」シリーズ本編とはまったくの別物と考えた方がいいような気がします。系統は違うものの、良く似たコンセプトの作品同士を無理矢理ミックスした感は否めませんね。他のゲーム作品との一過性のコラボレーション企画でなく、「セハガール」の名前を冠した初めてのゲームということで期待はしていたのですけど、キャラゲーとしては正直イマイチな内容でありました

その理由はもう”シナリオの弱さ”に尽きます。シナリオはミッション形式で進行し、1つのミッションをクリアするごとに拠点となる大図書館に戻って報告を行わないと次のミッションを受注できないシステムとなっています。進行に関わる重要なミッションは「歴史影響度」というメーターで判断できるのですが、その他のシナリオに直接かかわらないミッションも含めてすべてに期限が設けられており、期間内に達成できないとラスボスである”歴史を喰らうもの”のステータスが上昇してしまう厄介なシステムとなっています。期限切れのミッションも進行上ループした際に復活するので特に神経質になる必要はありませんが、実質の1周プレイだけでは全部クリアすることはできません。それらを回収するにはクリアデータから周回プレイをする必要があります

このシナリオミッションのイベント部分で進行していくわけですが、主人公のアイエフとセガミに、バイクに転生したネプテューヌと各時代にそれぞれ存在する女神とセハガールとの掛け合いが中心で、この内容がどうにも評価しづらい部分なんですよね。主人公のひとりであるアイエフは狂言回し的役割でいわばプレイヤー寄りのキャラクター。もうひとりのセガミは空から落ちてきた記憶喪失の少女で、ある使命感をもって行動しているのですがその所以がプレイヤーには分からない。ボケ役の女神、ツッコミ役のアイエフ、トリックスターのセガミにただただ振り回されるセハガール。キャラクター設定により多少の違いはありますが、概ねこういう構成の会話形式で進みます

イベントはフルボイスですが基本は立ち画のみ。シナリオに関する情報よりしようもないやり取りの比重が圧倒的に高く、プレイヤーの感性に合うか合わないかで大きく評価が変わるのではないかと思います。ちなみに私はちょっと苦手でしたw 
ゲームに関するネタやそれ以外の小ネタ(小保方ネタとかグレートマジンガーの歌詞とかw)を見つけるのは楽しいけど、本質的なものとはちょっと違うと思います

イベントシナリオをクリアしていくことで女神やセハガールのコピー体を使えるようになり、更に進めればコピー体に替って本人も使えるようになります。レベルや装備はそのまま引き継げるのは問題ないのですが、戦闘に参加する女神やセハガールはあくまで添え物扱いでイベントには一切関わってきません。そこまではいいとしても、パーティの編成によっては同じキャラクター同士で戦ったりとか、イベントキャラと共闘の流れになっているのに戦闘に参加しないとか、イベントパートと戦闘パートがちぐはぐなんですよね

マップは時代の移り変わりに合わせて多少変化はあるものの基本は使い回し。迷うようなことはないけど変にアクション性を要求される場面もあって、何度もやり直す羽目になるとちょっとイライラしたりします。イベントミッション以外は各時代のマップ上やモンスターを倒して手に入る素材集めや特定のモンスターを規定数倒すといった単純な内容。何処に行けば何が手に入るか教えてくれるのは親切ですけどそもそもシナリオが進行しないと解放されないマップにしか存在しないとか、初回プレイでは絶対手に入らない場合もあるんですね。全部のミッションに時間制限があって複数同時受注はできないので、現状でクリアできないミッションはリタイアしないと次に進めないのも面倒です

1周プレイに要した時間は大体25時間。長いとは思わないけど同じことを何度も繰り返す必要があるので実際の時間に対するテキストの密度は薄いです。何よりセハガール同士の掛け合いが少ないのは私的に残念な点でありました

「ネプテューヌ」シリーズはPS3を始めPSVitaでシリーズ展開していますが、私は未プレイです。セハガールには本家からもっとちゃんとした作品をリリースして欲しいと本作をクリアして改めて思いましたw


  

→本編でないスピンオフ系は本作含め軒並み値落ちしているのが気になるところです

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| PSV | 02:09 | トラックバック:0 | コメント:0
【GBA】『上海アドバンス』


スマホ、タブレット機向けに無料でダウンロードできるアプリケーションの普及で、お金を払ってゲームを買うという当たり前の行為が当たり前でなくなってきている昨今。
その煽りを最も受けているのがいわゆる定番とされているジャンルであるような気がします

今回ご紹介する「上海」も長らく定番タイトルとして様々なハードに移植されてきました。
元はPC用のソフトとして80年代後半に発売され、以後PCEをはじめPS2の頃までの携帯機含むほとんどのハードで発売されています。

今更説明する必要もないかもしれませんが基本的なルールは、


最初は、季節牌4枚(春、夏、秋、冬)、花牌4枚(梅、蘭、菊、竹)を含む合計144枚の麻雀牌が積み上げられた状態が表示される。
その牌の山の中から、同じ牌を2枚選ぶと、その牌を取り除くことができる(季節牌と花牌は、季節牌同士、花牌同士であれば良い)。ただし、左右両方に隣接する牌がある場合や、上に牌が乗っている場合はその牌を選ぶことはできない。
144枚全てを取り除くことができればゲームクリア、牌が残っているにも関わらず、取り除くことのできる牌がなくなったらゲームオーバーとなる。

Wikiより引用

最初期のPC用ソフトは私の使用していた機種で発売されなかったこともあり、一番最初にプレイしたのは確かアーケード版であったような気がします。
アーケードゲームらしく初期配置の難易度の高さもさることながら時間制限が非常にシビアな設定となっており、手詰まりにならずとも1コインで1面クリアするのは結構難儀でありました。

その後PCEのロムロム版『上海Ⅱ』をスタンダードとしてSFC版やMD版も何となく購入し、初代GB版は外出時の暇つぶし用に長らく愛用しておりました。
PS・SSの頃までは半分惰性で購入していましたが、まともにプレイした記憶はないですね。

GBA版はその名も『上海アドバンス』という何のヒネリもないタイトルが示す通り、実にオーソドックスな内容となっています。
メインモードは「クラシック上海」でシルクロードをイメージした全20ステージをひたすらクリアしていくモード。デフォルトで時間制限はありますが、一手戻しやヒントは無制限っぽいです。
GBAということでビジュアル面はGB版に比べて格段に進歩していますが、重なった複数の牌が一部判別し辛かったりするのはハードの制約上仕方のない部分ではありますね。

その他通信ケーブルを使用した対戦モードもありますけど私はプレイしてません。一応難易度イージーで「クラシック上海」全ステージはクリアしてエンディングは確認しました。
まぁ良くも悪くも普通の「上海」なんで、ゲーム内容について特段述べることもないのですが、ユーザビリティが低いのは少し気になります。

通常ならクリアしたステージは遡って選択できたりするのですが、本作はクリアしてないステージからしか始めることができません。一周してエンディングを見た場合、最初のステージから再開して以下同じとなっています。
まぁ百歩譲ってその仕様は我慢するとしても、一度モードを選択するとキャンセルしてメニューに戻れないのは不便すぎる。あと私のが壊れているのか分かりませんけど、タイムアタックモードがプレイできないんですよね。説明書がないんでやり方が書いてあるのかもしれませんがね

元々携帯機と相性の良いゲーム性で、ロード時間を伴わない手軽さは後発の作品にはない良さではあるのですがまぁそれだけ。それなりに遊べることは間違いないですけど、無料アプリで代替できないこともないですw

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| GB | 19:19 | トラックバック:0 | コメント:0
【DC】『メモリーズオフ セカンド』


ドリームキャスト版『メモリーズオフ セカンド』の全シナリオをクリアしました
同シリーズは1作目と3作目をいずれもDC版でプレイ済みなんですけど、一番最初に何故か3作目をプレイしてしまったんですよね。このシリーズは時系列を一にしていて共通の登場人物も多い為、なるだけ順番にプレイした方がより世界観に浸れると思います。

今回の主人公、伊波健は浜咲学園に通う高校3年生。前作は澄空学園が舞台でしたが主人公は同学年という設定になっていて、更に前作のメインヒロイン今坂唯笑エンディング後の時間軸となっていますね。
勿論主人公同士に面識はないのですが、共通の友人として稲穂信君が本作にも登場します。ただし、前作の信君は主人公と同じ澄空学園に通う同級生でしたが、本作では高校を中退してフリーター生活を送っています。家庭の事情で一人暮らしの主人公と同じアパート―朝凪荘の住人という設定ですね。勿論主人公の友人という設定なんですけど、イナケン君が朝凪荘に越してくるまでは当然面識もありませんでしたので、親友というよりはお節介な隣人という位置づけの方が近いような気がします。為に同い年にも関わらず自立している信君に対して憧憬のようなものを抱いているイナケン君は何となく言葉づかいも目上の者に対するそれで一歩引いている感じ。信君はそこまで意識してはいないようですが持ち前の集り体質と図々しい性格は前作より次作に近い感じにパワーアップしていますね。

イナケン君と本作のメインヒロインである白河ほたるは同じ浜咲学園の同級生で、既に付き合って半年ぐらい経過した状態から物語は始まります。
この手の作品って大体複数居るヒロインの誰とくっつくのかという展開が普通ですよね。本作も基本は同じなんですけど最大のポイントは、メインヒロイン以外のルートにおいては必ず”メインヒロインとの別れ”を経なければならないという点にあります。

この仕様がプレイを継続するにあたって地味に堪えるのですね。まぁどのヒロイン推しかでも変わるんでしょうけど、どのルートであってもほたるのイナケン君に対する一途な気持ちというのは変わらず、どんな形であれ何の落ち度もない彼女を傷つけなければシナリオ的に前に進まないというのが何ともね。
また彼女の設定と言うのが遍く2次元を愛する妄想男子のノーマルな嗜好を凝縮して固めたような感じで、毎度毎度罪悪感を覚えることは必至です

対するイナケン君は前作のようなトラウマを抱えてはおらず、次作のような真性のクズでもないという割とフラットな設定。シナリオは夏休みに入った8月からスタートするのですが、それまで打ち込んでいた部活動(サッカー部)の集大成である大きな大会の予選で敗退し、やや燃え尽き症候群のような状態になっているというのがちょっとした伏線なんですが、シナリオを見る限りそこまで部活に入れ込んでいたようにも思えないのですがね

それはさておき、安定の超絶イケメン設定に加えスポーツ経験もそれなりということで万年帰宅部のボンクラ高校生であった私的には更に共感し難い感じ。しかも部活動に打ち込んでいた姿を見て好きになったほたるの方からイナケン君にアプローチしたというところまでが前提となっています。こんな女の子が私含むプレイヤーに好意を寄せてくれることなんて現実では有り得ないどころかそんな女の子はこの世に存在すらしてないと思うけど、ゲームの世界では問題ありませんw

個々のヒロイン別感想については追記に譲るとして、本作全体を貫くテーマは上述したように”別れ”次作の優柔不断で不誠実極まりない主人公とは対照的に、メインヒロイン以外に気持ちが傾いていることを自覚してからのイナケン君の行動はほたる側からしたらたまったもんじゃないけど、男目線で見ると本人なりにどちらにも誠実に向き合おうとする姿勢に好感が持てますね。
前半部分はヒロイン全員の顔見せパート兼分岐ポイントとなっており、例によって日常の冗長なやり取りが続くのですが、以後の個別ルートによってはちょっとした伏線が仕込んであったり、前作にまつわるエピソードとリンクする部分があったりしますのでシリーズならではの楽しみはありますね。ルートを確定する為に複数のフラグを立てる必要は無さげなので、効率よくプレイすればそんなに時間はかからないと思います。

例によって私は初回プレイは感性の赴くまま。2周目以降はその他のルートを攻略する為に最も効率の良い選択を攻略サイトで確認しながらプレイしました。

では以下続きより各ヒロイン別感想に続きます


>>続きを読む

テーマ:レビュー・感想 - ジャンル:ゲーム

| DC | 12:12 | トラックバック:0 | コメント:0
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>

プロフィール

kageoTK

Author:kageoTK
ゲームをしないゲーマーです

ついったー

Glep Web Ring

Glep Web Ring
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
箱○

FC2カウンター

最近のお気に入り
ゲーム以外
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード